コラム

 公開日: 2012-07-26  最終更新日: 2014-07-01

地盤調査の方法

 建築前に行う地盤調査にはいろいろな方法があります。(場合によっては事後に行うこともあります。)戸建住宅の地盤調査法としては、以下の理由からスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)が主流となっています。
①費用が少なくて済む。
②操作が簡便である。
③法律で認められている。
④地盤の支持力を評価できる。
⑤社会的に認知されている。
などの理由からです。ただし、この試験は万能ではなく、いくつかの問題も抱えています。
①N値が10を超えるような硬い地盤では空回りしてしまう。
②「点」での調査のため、大規模な地盤の状況を把握することは困難。
③手動や半自動試験の場合、おもり荷重の信頼性に問題があり、正確な地盤情報が得られにくい。
④土質の判別は調査員の五感に頼るなど明確ではない。
といった点です。設計者は、このような欠点があることも視野に入れながら、調査の目的に応じて補足調査を考えなければなりません。  
 たとえば、杭の支持層となる深さが資料などによりおおよそ分かる場合は、SWS試験のみで杭の支持層を評価することは可能となりますが、まったく分からない地域では、SWS試験に加えて、標準貫入試験やラムサウンディング試験を実施する必要がでてきます。
 また、大規模な造成地の場合は、SWS試験結果を補完する意味で、表面波探査を実施するとよい場合もあります。さらに正確に土質の物理・力学的性質を知りたい場合は、土を採取して室内で土質試験を実施することになります。基礎下の支持力を直接評価したい場合には、平板載荷試験を実施することも考えられます。また、液状化現象や砂と粘土の判別など、正確な地盤情報を迅速に得たいケースは、三成分コーンと呼ばれる新しい地盤調査法を適用するのも一考です。
 SWS試験と他の調査法をうまく組み合わせることで、調査目的を達成しようとする気持ちをもつことが大切なのです。SWS試験からすべての情報が得られると考えるのは誤りといえます。


《世界で一番強い地盤・基礎を設計する方法:建築知識 抜粋》

調査鑑定/設計監理/CM
タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
手数料
イメージ

手数料(業務費用)の目安です。詳細は、お問い合わせ願います。

電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電話相...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「平昌オリンピック」開会式の式場建設
イメージ

 来年2月に「韓国」の「平昌」(ピョンチャン)で開かれる冬季五輪の開会式と閉会式の会場が、外国メディアに公開...

[ 旬の話題 ]

「新美術館」(大阪市)設計案を発表
イメージ

 大阪市北区中之島の市有地に、2021年度中に開館を目指す「新美術館」の設計案が発表されました。 「公募型設...

[ 旬の話題 ]

「自転車博物館」移転新築:「堺市」(大阪府)
イメージ

 国内唯一の自転車専門博物館である「自転車博物館サイクルセンター」(大阪府堺市堺区大仙中町)が、建物の老朽...

[ 旬の話題 ]

「JR京都駅」:「0番ホーム」と消えた「1番ホーム」?
イメージ

 「JR京都駅」に「0番ホーム」があります。 北陸方面に向かう「サンダーバード」などが止まるホームです。しか...

[ 一休み ]

「立春朝搾り」(「春鹿」「若戎」)が到着しました
イメージ

今年も、「立春朝搾り」が到着しました。「春鹿」(奈良県)と「若戎」(三重県)です。 春を迎えるめでたき立...

[ 旬の話題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ