コラム

 公開日: 2012-10-31  最終更新日: 2014-07-01

「液状化」対策-1

 「液状化」対策には、「液状化」の発生を防止または、「液状化」の程度を軽減するという考え方と、構造物、特に基礎構造を頑丈にして「液状化」に抵抗できるようにするという2つの考え方があります。
前者の方法としては、「締固め」などによって地盤の密度を高める、あるいは「セメントを土と混合」するなどして地盤を化学的に固めるか、もしくは拘束するかの方法があります。後者の方法としては、「抗」や「基礎梁」を強化する方法です。
 小規模建築物の場合、「液状化」による被害として人命が損なわれたことは過去の地震ではほとんどありませんが、中地震程度の地震動によって「液状化」が発生し、建築物に「不同沈下」の被害が生ずるなどの可能性が高いことから、その対策が必要と考えられています。対策工法として、小規模建築物の場合は、経済的に抜本的対策が難しい場合もあることから、「不同沈下」が生じても①上部構造物の損傷を極力押える。②復旧が可能。という観点から選定することが肝要となります。「柱状地盤補強」や「抗」基礎、「矢板壁」、「べた基礎」および「浅層混合処理」などが考えられます。下図(a)は、「液状化」によって地表面が変状あるいは地盤の支持力を失っても、「抗状地盤補強」や「抗」によって建築物の傾斜などを防止しようとするものです。下図(b)は、建築物直下の地盤を拘束することにより、「液状化」の発生やその影響を出来る限り抑制しようとするものです。下図(c)は、建築物の軽量化を図るとともに,基礎の階吐を高めることにより、建築物への「への字」の変形などの被害を防止し、建築物が一体傾斜した場合でも、その復旧を可能にしようとするものです。下図(d)は、基礎底面下の「表層土」を建築物位置全面にわたって「地盤改良」することにより、堅固な支持地盤を構築し「液状化」の発生やその影響をできる限り抑制しようとするものです。
 いずれの方法を選定するにしても、小規模建築物における「液状化」対策の実施にあたっては、経済的に限界がある場合もあることから、費用対効果などを十分に考慮し、対策の実施の有無および工法を慎重に選定する必要があります。



設計監理/調査鑑定/CM(コンストラクションマネジメント)
タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電話相...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「神戸ルミナリエ」開幕
イメージ

 「阪神・淡路大震災」の復興のシンボルである「神戸ルミナリエ」が12月2日から始まり、色鮮やかなイルミネーショ...

[ 旬の話題 ]

「大阪駅」北側に「ホテル」建設計画:「JR西日本」
イメージ

 大阪市北区にある「JR西日本」の本社の近くに、2018年春の営業開始を予定した客室数が約400の「ホテル」が計画さ...

[ 旬の話題 ]

登録有形文化財「樟徳館」(東大阪市)を一般公開
イメージ

 11月12日・13日の2日間、同学園が保有する「登録有形文化財」である「樟徳館(しょうとくかん)」(東大阪市菱屋...

[ 名建築/迷建築 ]

「住宅用火災報知器」(住警器)の交換時期は10年
イメージ

 「住宅用火災警報器」(住警器)の新築物件への設置が全国的に義務付けられてから、2016年6月で丸10年を迎えまし...

[ 住宅(つくる、かう) ]

「無形文化遺産」登録:「山・鉾・屋台行事」33件
イメージ

 「ユネスコ」(国連教育科学文化機関)の「無形文化遺産」に推薦していた「山・鉾(ほこ)・屋台行事」(18府県...

[ 旬の話題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ