コラム

 公開日: 2012-11-14  最終更新日: 2014-07-01

「建築って何?(65)」マンション大規模修繕工事:コンクリート補修(躯体改修)

 マンションの多くの構造躯体(柱・壁・・屋根・床等)は、鉄筋コンクリート造(RC造)または鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)です。
 躯体コンクリートは、建築物の経年や収縮性状等、あるいは施工時の不良工事により、「ひび割れや欠損」「鉄筋露出」などの不具合が発生します。このような劣化を放置すると、漏水や建築物の構造強度に影響を及ぼすことになります。そのため、劣化部分を改修して健全な躯体に戻し、「長寿命化」や「コンクリート等の剥落防止」「漏水防止」などを目的としたコンクリート補修を行う必要が生じます。
 工事は、「ひび割れ補修」「露出鉄筋の錆補修」「欠損したコンクリートの補修」の他、モルタル仕上げが用いられている場合は、浮き補修としてコンクリートとモルタルとの隙間に「エポキシ樹脂接着剤を注入する工事」などがあります。
 正確な補修数量は、足場を使用して詳細に調査しないと把握できないため、一般的には想定した数量で見積書を作成して契約を行い、工事着手後に数量を確定して見積時の単価で清算する実数精算方式が採用されます。





設計監理/調査鑑定/CM(コンストラクションマネジメント)
タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電話相...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ホテル不足で契機。「カプセルホテル」に参入:阪神電鉄
イメージ

 「阪神電気鉄道」は、「カプセルホテル」を運営する「ファーストキャビン」(東京・千代田)と提携し、今秋をめ...

[ 旬の話題 ]

「国際氷雪祭り」:中国黒竜江省ハルビン
イメージ

 「第33回中国・ハルビン国際氷祭り」が開幕しました。 黒竜江省哈爾濱(「ハルビン」)市の松花江のほとりに...

[ 旬の話題 ]

「謹賀新年」2017年
イメージ

 あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。タウ・プロジェクトマネジメ...

[ 旬の話題 ]

「南極建築1957~2016」:LIXILギャラリー
イメージ

 現在「日本」が、「南極」に置く極地施設は、閉鎖中の観測拠点も含めると、「あすか基地」「ドームふじ基地」「...

[ 名建築/迷建築 ]

「堂島ホテル」(大阪市北区)が閉館
イメージ

 大阪・キタの社交場として親しまれた「堂島ホテル」(大阪市北区)が27日夜の宴会利用と館内レストランのディナ...

[ 名建築/迷建築 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ