コラム

 公開日: 2012-11-22  最終更新日: 2014-07-01

「建築って何?(71)」自家発電設備

 「自家発電設備」は、その使用目的により「業務用」「保安用」「非常用」「防災用」「臨時用」に分類されます。
 「自家発電設備」は商業ビル/百貨店/地下街/旅館/ホテル/劇場/映画館/公会堂/学校/病院/養護施設/高層マンション/工場/作業所上下水道のポンプ場/石油コンビナート/放送局/通信施設などに主に非常電源として設置されます。
 大型ビルや工場では、非常電源として、電力需要のピーク時にピークカットのために発電設備が設置される場合もあり、また「熱併給発電設備(コージェネレーション)」として設置される場合もあります。これらの施設は電気事業法によって発電所として扱われます。
 発電機の原動機には、「ディーゼル機関」「ガスタービン機関」が採用されています。
 発電機は、主として三相交流横型同期発電機です。
 内燃機関の始動方式には、圧縮空気による空気始動、およびセルモーター(直流電動甕)による電気始動があります。




設計監理/調査鑑定/CM(コンストラクションマネジメント)
タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
手数料
イメージ

手数料(業務費用)の目安です。詳細は、お問い合わせ願います。

電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
国内市場縮小で「住宅産業」は「東南アジア」へ進出
イメージ

 5%以上の成長を続ける「東南アジア」。 生活水準が向上するにつれ、徐々にその内容が変化し、最近は「住宅産...

[ 住宅(つくる、かう) ]

補修工事で「ビックベン」の鐘の音が止められる
イメージ

 「ビッグベン」の愛称で親しまれている「イギリス議会議事堂」の時計台の鐘が、大規模な改修工事に伴い、建設さ...

[ 名建築/迷建築 ]

「べた基礎」「鋼管杭」が剥き出しの状態です。
イメージ

「べた基礎」底盤と「鋼管杭」が剥き出しの状態です。当然、不同沈下が生じています。

[ 欠陥住宅(写真集) ]

熱く暑い「終戦の8月」です。
イメージ

 戦時中、「ビルマ」に従軍した父が永眠し10年を過ぎ、母も今年2月に他界しました。 また、今年も両親が体験し...

[ 旬の話題 ]

「名門ホテル」跡地に「タワーマンション」(「大阪市」)
イメージ

 以前、「大阪市」北区にあった旧「ホテルプラザ」と「朝日放送」の跡地に、「積水ハウス」などが2022年に完成さ...

[ 名建築/迷建築 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ