コラム

 公開日: 2013-02-20  最終更新日: 2014-07-01

インフラ クライシス③-若者に敬遠される建設業

 前民主党政権は2011年5月、改正「PFI法」を成させ、フラン
スをはじめ欧米諸国で広がる「パブリック・プライベート・パートナーシップ(PPP)」のうち、【施設は行政が所有したまま、「事業運営権(コンセッション)」だけを民間へ譲渡する方式】を、道路を除く大半の公共「インフラ」に適用できるようにし、「インフラ」での民間活用の拡大を狙うが、官公庁の職員たちのマインドが変わらない限り、空振りに終わる可能性は高いといいます。
 また、「インフラ」の維持運営の担い手として期待される建設会社側では、仕事があっても労働者が集まらす、極度の人手不足に陥っています。建設業の新規求人倍率は直近で、全職業の平均を大きく上回る3倍を超える水準で推移しているようです。その原因は、建設現場で働く24歳以下の若者が年々減少していることにあります。
 こうした実態が変わらない限り、いくら公共事業の予算を増やしても執行できず、雇用創出や景気回復に結びつかない可能性があるというわけです。
 若者は同様に、土木技術者への道を敬遠し、大学の「士木工学科」を志望する高校生が激減しています。志願者を増やす狙いで学科の名称を「環境工学科」などに変更する大学まで出ています。
 こうした状況を好転させて技術者や労働者の減少を食い止めなければ、国内の建設業は崩壊し、日本の「インフラ」は朽ち果てていくことになります。
 ここで官が思い切って変わり、「インフラ」の維持運営を民間企業に任せ、欧州の建設会社のように「インフラ」の維持運営会社としての重要性が社会に認められれば、窮状の打開策にもつながるかもしれないとういことです。
 「長い歴史の中で道路などを造ってきた欧州諸国と異なり、急ピッチで整備した「インフラ」が一斉に老朽化するのは、米国に続いて日本が世界で2番目だそうです。
《日経ビジネス2013.2.11》


タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
手数料
イメージ

手数料(業務費用)の目安です。詳細は、お問い合わせ願います。

電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「二条城」内部が夜間公開:「大政奉還」から150年を記念
イメージ

 今年(2017年)は、近代国家としての歩みを始めた慶応3年(1867年)の「大政奉還」から150年の節目に当たります。...

[ 名建築/迷建築 ]

「勧工寮葵町製糸場」の詳細図面発見される
イメージ

 国立大学法人「東京農工大学科学博物館」の未整理資料から【教師イタリア人勧工寮伝習製糸器械絵図】が発見され...

[ 名建築/迷建築 ]

大阪市内は「ホテル」建設ラッシュ
イメージ

 大阪市内は、「ホテル」建設ラッシュに沸いています。 調査によると2018年末頃までに新たに供給される客室数...

[ 旬の話題 ]

「賃貸マンション」1階床下への浸水被害
イメージ

 マンション1階への浸水被害が複数発生しています。被害が顕在化し、その原因を特定するまでに時間を要しますが(...

[ 欠陥住宅(写真集) ]

「六甲山ホテル」が年末で営業終了、2019年新装開業へ
イメージ

 1929年(昭和4年)の開業時から残る六甲山上の老舗ホテル「六甲山ホテル」(神戸市灘区)の「旧館」が、2018年の...

[ 名建築/迷建築 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ