コラム

 公開日: 2013-05-23  最終更新日: 2014-07-01

「屋嶋城」城門の復元

 高松市の「屋島」(標高292メートル)で、7世紀後半に日本の防御拠点として築かれた古代山城の一つ「屋嶋城」の城門(高さ6m、長さ50m)の復元が進んでいます。市が2015年度完成を目指し整備中の遺構で、城門の石積みが大量に残っていたことから、築城当時の姿が精巧に再現される見通しです。
 「日本書紀」によると、「屋嶋城」は「白村江の戦い」(663年)に敗れた「天智天皇」が外国の侵攻に備え、667年に築いたとされていますが、長く遺構が確認されず、〈幻の城〉とも呼ばれていました。
 「屋島」は名前のとおり,古代において島でした。「屋島」は瀬戸内海の中でも備讃瀬戸の東限に位置し,畿内に抜ける海上ルートにおける要所で、特に、「唐」「新羅」の大船団を迎え撃つには非常に重要な場所だったようです。
 「屋嶋城」の城壁は山上を全長7kmに渡ってめぐらしていたと考えられていますが,そのほとんどは断崖絶壁で、人工的に城壁が築かれていたのはそのうちの約1割程度で、自然地形を最大限に活用した古代山城です。「屋島」は北嶺と南嶺と呼ばれる二つの山から構成されていますが、城壁などの遺構は南嶺のみで確認されています。また、北嶺と南嶺の間の西側には大きな谷があり、標高100m付近に山上の城壁とは別に城壁が築かれています。






《讀賣新聞13.05.10夕刊》

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電話相...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ホテル不足で契機。「カプセルホテル」に参入:阪神電鉄
イメージ

 「阪神電気鉄道」は、「カプセルホテル」を運営する「ファーストキャビン」(東京・千代田)と提携し、今秋をめ...

[ 旬の話題 ]

「国際氷雪祭り」:中国黒竜江省ハルビン
イメージ

 「第33回中国・ハルビン国際氷祭り」が開幕しました。 黒竜江省哈爾濱(「ハルビン」)市の松花江のほとりに...

[ 旬の話題 ]

「謹賀新年」2017年
イメージ

 あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。タウ・プロジェクトマネジメ...

[ 旬の話題 ]

「南極建築1957~2016」:LIXILギャラリー
イメージ

 現在「日本」が、「南極」に置く極地施設は、閉鎖中の観測拠点も含めると、「あすか基地」「ドームふじ基地」「...

[ 名建築/迷建築 ]

「堂島ホテル」(大阪市北区)が閉館
イメージ

 大阪・キタの社交場として親しまれた「堂島ホテル」(大阪市北区)が27日夜の宴会利用と館内レストランのディナ...

[ 名建築/迷建築 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ