コラム

 公開日: 2013-08-04  最終更新日: 2014-07-01

「アントニオ・ロペス」展:「長崎県美術館」

 「スペイン」現代美術の最重要作家「アントニオ・ロペス」の日本初となる回顧展が「長崎県美術館」で開催されています。
 「アントニオ・ロペス」は1936年に「ラ・マンチャ地方」の町「トメリョソ」に生まれ、13歳の時に絵画修業のため単身「マドリード」へと居を移します。それ以降、若くして芸術の才能を開花させた「ロペス」は、絵画、彫刻の分野にて「リアリズム」を追求してきました。
 現在70代後半を迎えてなお、制作意欲は全く衰えることなく、数々の傑作を生み出し続けています。
 「ロペス」は、身の回りの家具や植物、そして家族たちなど、何の変哲もない日常の生活にモティーフを求め、そこに美を見出していきます。それらを忠実に、そして時には気の遠くなるほどの時間をかけて描くことにより、「ロペス」独自の世界へと変容させていきます。私たちは「ロペス」の目を通して、新たな現実の姿を発見していくことになるのです。
 日本では1993年に封切られた映画「マルメロの陽光」(監督:ビクトル・エリセ)に登場する作家として紹介されることが多いのですが、芸術家としての全貌はいまだ広く認知されているとは言い難い状況です。展覧会開催にあたり、長崎県美術館が所蔵する《フランシスコ・カレテロ》(1961-87年)を中心軸として、作家本人と話し合いながら厳選に厳選を重ねて出品作品を固めてきたといいます。美術学校時代の初期作品から近作まで、油彩、素描、彫刻の各ジャンルから選んだ64点の作品によりロペス芸術が包括的に紹介されています。会場においては、「故郷」「家族」「静物」「室内」「植物」「マドリード」「人体」の7章に分け、「ロペス」が長年にわたって追求してきた各テーマが分かりやすく展示されているということです。
 「アントニオ・ロペス」は、全世界に熱烈な信奉者を持ち、「スペイン」での大規模な個展(2011年)では記録的な来場者数を獲得しました。作家自身が展覧会にあまり積極的でないこともあり、大規模な個展はおそらく日本では最初で最後となるかもしれないということです。
 日常的な光景を細部に引きずられない迫真的な描写で的確に描き出す一方、『アトーチャ』(1964)や『皮を剥がされたウサギ』(1972)のように演出の色合いが濃い、ドラスティックな作品もあります。  
 一作に膨大な歳月を掛けることも珍しくなく、『フランシスコ・カレテロ』 (1961-1987)のように、20年以上の時間を割き、それ故にこそ堅固で荘重な文理・テクスチャーとよく探究された諧調・色価を備えた絵画を制作し、塑像などの「立体作品」も手掛けています。  
 「ロペス」自身は「他人がどういおうとすべて私の作品は絵画である」と述べ、「ロペス」を扱った映画もあります。
 単純な技法の上では「ピカソ」のハッチングを思わせる描線が見いだされる絵画もあり、『洗面台と鏡』(1967)や『便器と窓』(1968-71)に見られる視点の併合は、「ポール・セザンヌ」をひとつの起点とする「ピカソ」の「キュビスム」にも呼応します。
 「ロペス」は、『便器と窓』などのように、幾度か便器を描いていますが、「マルセル・デュシャン」の『泉』を無視することはできません。作品のこのような言及的な性格は、「現実に対する」「忠誠を表明する」、「伝統的な主題と技術を用いる」画家のものとしてはラディカルであり、基礎的な造形性や共有され一般化された審美性に依存した方法を採用していないことが分かります。











タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電話相...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「神戸ルミナリエ」開幕
イメージ

 「阪神・淡路大震災」の復興のシンボルである「神戸ルミナリエ」が12月2日から始まり、色鮮やかなイルミネーショ...

[ 旬の話題 ]

「大阪駅」北側に「ホテル」建設計画:「JR西日本」
イメージ

 大阪市北区にある「JR西日本」の本社の近くに、2018年春の営業開始を予定した客室数が約400の「ホテル」が計画さ...

[ 旬の話題 ]

登録有形文化財「樟徳館」(東大阪市)を一般公開
イメージ

 11月12日・13日の2日間、同学園が保有する「登録有形文化財」である「樟徳館(しょうとくかん)」(東大阪市菱屋...

[ 名建築/迷建築 ]

「住宅用火災報知器」(住警器)の交換時期は10年
イメージ

 「住宅用火災警報器」(住警器)の新築物件への設置が全国的に義務付けられてから、2016年6月で丸10年を迎えまし...

[ 住宅(つくる、かう) ]

「無形文化遺産」登録:「山・鉾・屋台行事」33件
イメージ

 「ユネスコ」(国連教育科学文化機関)の「無形文化遺産」に推薦していた「山・鉾(ほこ)・屋台行事」(18府県...

[ 旬の話題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ