コラム

 公開日: 2013-11-14  最終更新日: 2014-07-01

「番画廊」閉廊:大阪北区「大江ビルディング」

 大阪市北区西天満にある画廊街・老松通りかいわいで、注目を集めてきた「番画廊」が、今年いっぱいで閉廊することになったようです。
 大正期の建築を生かした落ち着いたスペースと、自由な展示を見守るオーナーの姿勢に惹かれ、「横尾忠則」さんなど著名な美術家が作品を発表してきた名門「画廊」です。
来月にはゆかりの作家による小品で空間を埋め尽くし、34年間の活動を終えます。
 1979年6月、それまで別の「画廊」に勤めていた「松原光江」さんが現代美術のギャラリーとして開廊したもので、「画廊」の名には「様々な作家が順『番』に展示する作品の『番』をしたい」という思いを込めたということです。
 最初の展覧会は抽象画家の「泉茂」さん、洋画家の「三尾公三」さん、造形作家の「元永定正」さんたちの3人展だったとのこと。
 「画廊」が入居するのは1921年(大正10年)に建てられた「大江ビルヂング」です。老松通りから南に入った一角にあり、重厚で、かつ温かみあふれる空間と、「個性を生かし、伸び伸びと展示を」という「松原」さんの姿勢に共感する作家は多く、開催した展覧会は約1600回に及ぶそうで、出品者にはグラフィックデザイナーの「早川良雄」さん、抽象画家の「津高和一」さん、建築家の「磯崎新」さん、イラストレーターの「黒田征太郎」さん達が名を連ねています。








《讀賣新聞13.11.07夕刊》

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
手数料
イメージ

手数料(業務費用)の目安です。詳細は、お問い合わせ願います。

電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「神戸ルミナリエ」12月17日まで開催
イメージ

 「神戸ルミナリエ」は、「阪神・淡路大震災」による犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢...

[ 旬の話題 ]

「浜寺公園駅旧駅舎」(文化財)の「曳家工事」開始
イメージ

 110年前に建てられ、国の登録有形文化財である南海本線「浜寺公園駅旧駅舎」を、建物ごと近くの広場まで約30m移...

[ 名建築/迷建築 ]

「平等院」(京都府宇治市)夜間一般公開
イメージ

 世界遺産である「平等院」(京都府宇治市)で、「鳳凰堂」をライトアップした夜間特別拝観が18日から始まりまし...

[ 名建築/迷建築 ]

共同住宅の「宅配ボックス」設置部分の「容積率」緩和を徹底化
イメージ

 「国土交通省」は、共同住宅の「宅配ボックス」設置部分を「容積率」規制の対象から除外するとし、11月10日に全...

[ マンション問題 ]

「ドイツ鉄道」(DB)新型車両の名称(「アンネ・フランク号」)で波紋
イメージ

 「ドイツ鉄道」(DB)が新型車両に「アンネの日記」で知られるユダヤ人少女「アンネ・フランク」の名を使用する...

[ 旬の話題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ