コラム

 公開日: 2013-11-27  最終更新日: 2014-07-01

「岩村城跡」“東洋のマチュピチュ”:岐阜県

 「(財)日本城郭協会」が認定する「日本百名城」に選定された「山城」です。岐阜県内では「岐阜城」と「岩村城跡」の2ヶ所のみが選定されています。
 「本丸」周辺の石垣は“東洋のマチュピチュ”と呼んでも相応しいほど、遺跡をイメージさせる壮大なつくりで、城マニアが感嘆のため息をもらすほどの石垣が、当時の面影を偲ばせています。
 「岩村城」は、大和の「高取城」(奈良県)、備中の「松山城」(岡山県)と並ぶ日本三大山城の一つに数えられる名城です。
 城は江戸諸藩の府城の中でも最も高い所(標高717m)に築かれ、高低差180mの天嶮の地形を巧みに利用した要害堅固な山城で、「霧」の湧き易い気象を城造りに活かし、別名「霧ケ城」とも呼ばれています。
 この城が名城と言われる由縁は、単にその規模と大きさだけでなく、その永い歴史に由来しています。1185年(文治元年)、「源頼朝」の重臣「加藤景廉(かとうかげかど)」がこの地の「地頭」に補せられ創築されてから、「鎌倉」「室町」の300年間、「戦国」の100年間、更に「江戸期」の300年間にわたり、「城」と「城主」が連綿と続き、「明治」に至り廃城令で廃城されるまで、連綿と存続してきました。
 700年間に及ぶ「城」の歴史は、日本の城史にも例を見ないものとなっています。








《讀賣新聞13.11.20》

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
手数料
イメージ

手数料(業務費用)の目安です。詳細は、お問い合わせ願います。

電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「マンション大規模修繕工事」の悪徳「コンサルタント」に注意!
イメージ

 「分譲マンション」の「大規模修繕工事」で、施工業者の選定協力や仕上がりのチェックを実施する「コンサルタン...

[ マンション問題 ]

「御堂会館(南御堂)」(大阪市中央区)建て替え
イメージ

 大阪のメインストリートである「御堂筋」の名前の由来ともなった「南御堂」(「真宗大谷派難波別院」)は、施設...

[ 名建築/迷建築 ]

「TOHOシネマズ 日劇」「石原裕次郎記念館」閉館
イメージ

 「TOHOシネマズ 日劇」が2018年2月上旬に閉館するといいます。 「TOHOシネマズ 日劇」は、1984年に「日本劇場...

[ 名建築/迷建築 ]

「ロシア」の「フルシチョフ住宅(「フルシチョフカ」)」建て替えへ
イメージ

 「ロシア」(「モスクワ」)で、1950~1970年代に建てられた5階建ての古い「アパート」約4,500棟を取り壊し、高...

[ 名建築/迷建築 ]

国内市場縮小で「住宅産業」は「東南アジア」へ進出
イメージ

 5%以上の成長を続ける「東南アジア」。 生活水準が向上するにつれ、徐々にその内容が変化し、最近は「住宅産...

[ 住宅(つくる、かう) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ