コラム

 公開日: 2014-03-07  最終更新日: 2014-07-01

「東大寺」修二会(お水取り)

 「東大寺」(奈良市)で「奈良時代」から続く宗教行事「修二会(しゅにえ)」(お水取り)の本行が1日から始まり、「練行衆」と呼ばれる僧侶らがたいまつに導かれ、修行の舞台となる「二月堂」にこもりました。
 「修二会」は、「東大寺大仏」が開眼した752年に始まって以来、一度も途絶えずに引き継がれてきた「不退の行法」といわれています。
 「練行衆」11人は「二月堂」の「本尊十一面観音像」に日々の過ちを悔い、体を床に何度も打ち付けるなど、2週間にわたる激しい修行に臨むといいます。
 午後7時、世話役の童子が担いだ長さ約6m、重さ約40kgのたいまつに照らされ、「練行衆」が1人ずつ上堂し、「童子」がたいまつを欄干に突き出して勢いよく走り抜けます。
 【「お水取り」が終わるまでは暖かくならない。】と語り継がれるように、古都奈良に本格的な春の訪れを告げる風物詩です。








《讀賣新聞14.03.02》

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
手数料
イメージ

手数料(業務費用)の目安です。詳細は、お問い合わせ願います。

電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「神戸ルミナリエ」12月17日まで開催
イメージ

 「神戸ルミナリエ」は、「阪神・淡路大震災」による犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢...

[ 旬の話題 ]

「浜寺公園駅旧駅舎」(文化財)の「曳家工事」開始
イメージ

 110年前に建てられ、国の登録有形文化財である南海本線「浜寺公園駅旧駅舎」を、建物ごと近くの広場まで約30m移...

[ 名建築/迷建築 ]

「平等院」(京都府宇治市)夜間一般公開
イメージ

 世界遺産である「平等院」(京都府宇治市)で、「鳳凰堂」をライトアップした夜間特別拝観が18日から始まりまし...

[ 名建築/迷建築 ]

共同住宅の「宅配ボックス」設置部分の「容積率」緩和を徹底化
イメージ

 「国土交通省」は、共同住宅の「宅配ボックス」設置部分を「容積率」規制の対象から除外するとし、11月10日に全...

[ マンション問題 ]

「ドイツ鉄道」(DB)新型車両の名称(「アンネ・フランク号」)で波紋
イメージ

 「ドイツ鉄道」(DB)が新型車両に「アンネの日記」で知られるユダヤ人少女「アンネ・フランク」の名を使用する...

[ 旬の話題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ