コラム

 公開日: 2014-07-23 

「ラウル・デュフィ展」開催

 「ラウル・デュフィ」(1877-1953)は、「ピカソ」や「マティス」などとともに、20世紀前半にフランスで活躍した画家です。
代表作である、パリ万国博覧会のための装飾壁画《電気の精》(パリ市立近代美術館蔵)のように、明るい色彩と軽快な筆さばきで描く、独自のスタイルを築いています。
 描き出される南仏の街や社交界といった近代生活の諸相は、華やかさ、軽やかさを湛え、今もなお多くの人々を魅了しています。
 社会や生活の明るい側面を鮮やかな色彩と軽やかなタッチで描く「デュフィ」の作品は、「生きる喜び」を表現するものとして評されてきました。
 「パリ市立近代美術館」「パリ国立近代美術館(ポンピドゥー・センター)」「アンドレ・マルロー近代美術館(ル・アーヴル)」「ロンドンのテート」など、「デュフィ」の重要なコレクションを有するヨーロッパの美術館から協力を得て展示される作品は、代表作をはじめ、日本初公開を含む、油彩、素描、版画、テキスタイル、服飾、陶器、家具など多種におよんでいます。








《2014.07.17讀賣新聞》

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
手数料
イメージ

手数料(業務費用)の目安です。詳細は、お問い合わせ願います。

電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「ドーム式全天候型サッカー練習場」起工式:「Jヴィレッジ」
イメージ

 東京電力「福島第一原発」の事故後、廃炉作業などの拠点となっていたサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉...

[ 旬の話題 ]

「名門ホテル」跡地に「タワーマンション」(「大阪市」)
イメージ

 以前、「大阪市」北区にあった旧「ホテルプラザ」と「朝日放送」の跡地に、「積水ハウス」などが2022年に完成さ...

[ 名建築/迷建築 ]

「DOCOMOMO」が東大阪市「旭町庁舎」(「旧枚岡市庁舎」)再生計画案を提出
イメージ

 「生駒山」を望む東大阪市にある「旭町庁舎」(「旧枚岡市役所」「旧東大阪市役所東支所」)は、コンクリート打...

[ 名建築/迷建築 ]

「東大寺二月堂」の「修二会(お水取り)」
イメージ

 「東大寺二月堂」の「修二会(お水取り)は、1260年以上一度も休むことなく続く伝統行事で、 寒い真冬の夜に、大...

[ 旬の話題 ]

長崎「出島」に橋が架かる
イメージ

 「長崎市」が復元を進める国指定史跡「出島和蘭(オランダ)商館跡」で、「出島」と対岸を結ぶ「表門(おもても...

[ 旬の話題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ