コラム

 公開日: 2014-08-02 

「地底の太陽」復元:「太陽の塔」

 大阪万博のシンボルである「太陽の塔」の公開を検討している大阪府の有識者会議は、万博開催後、行方がわからなくなった「地底の太陽」という故「岡本太郎さん」デザインのオブジェを復元する方針を決めたそうです。
  「地底の太陽」というオブジェを復元し、「太陽の塔」の内部に新たに設ける展示室に設置するとしています。
  「地底の太陽」は、「太陽の塔」と同様に、故「岡本太郎さん」がデザインしたオブジェで、万博当時は地下に展示されていましたが、その後、行方がわからなくなったままになっています。
 直径3mの黄金色の顔から11mの光の帯が左右に伸びるオブジェを復元すれば、当時のように、「太陽の塔」の頭と胸、それに背中にある顔とあわせて4つの顔が揃うことになります。
 大阪府は、「太陽の塔」の耐震工事などと並行して、「地底の太陽」の復元作業を進め、平成29年春の公開をめざすことにしています。








《2014.07.31讀賣新聞》

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
手数料
イメージ

手数料(業務費用)の目安です。詳細は、お問い合わせ願います。

電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「トワイライトエクスプレス(瑞風)」の「専用ラウンジ」が完成
イメージ

 「JR西日本」が運行を始める豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の乗客「専用ラウンジ」...

[ 旬の話題 ]

「宝塚ホテル」新築、移転
イメージ

 「宝塚ホテル」は、1926年(大正15年)に、先進的な洋館ホテルとして開業し、ホテル機能の充実と規模の拡大を図...

[ 名建築/迷建築 ]

「沖ノ島」が「世界文化遺産」登録へ
イメージ

 「文化庁」は、「世界文化遺産」への登録を目指す古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)...

[ 旬の話題 ]

「田中昭造旧宅」:栃木県佐野市
イメージ

 明治時代に起きた「足尾鉱毒問題」の解決のために尽力し、波瀾に富んだ生涯を送った「田中正造」(1841年~1913...

[ 名建築/迷建築 ]

「迎賓館赤坂離宮」一般公開
イメージ

 2016年4月から、東京都港区元赤坂の「迎賓館赤坂離宮」で、建物の内部や庭などを見学できる一般公開が行われてい...

[ 名建築/迷建築 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ