コラム

 公開日: 2014-08-23 

「被爆橋」(「猿猴橋」)復元:広島

 広島市は、大正末期の1926年に建造され、戦前まで豪華なワシのブロンズ像があったJR「広島駅」近くの「被爆橋」(「猿猴橋」)を、被爆70年となる2015年に建造当時の姿に復元させるといいます。
 6年前から復元に向け活動してきた住民グループは「広島の玄関口の新名所になる」と期待を寄せています。
 建造当時の「猿猴橋」は、ブロンズ製のワシをてっぺんに抱いた「親柱」と、猿と桃の透かし彫りがあしらわれた「欄干」が特徴で、その華麗さから「広島一の橋」と呼ばれたそうです。
 これらの装飾は戦時中、兵器製造のため国に金属供出され、石造りになった橋は原爆の閃光を浴びたものの、壊滅的な被害は免れました。
 地元で復元への夢が芽吹いたのは1996年2月で、橋の近くに住む住民たちが、古い「猿猴橋」の水彩画を見つけたのがきっかけといいます。
 賛同の輪は広がり、2008年には9人で「猿猴橋復元の会」が結成され、現在は「広島市立大」の協力を得て、「親柱」を再現したモニュメントを制作しているそうです。
 市はこうした地元の盛り上がりに着目し、被爆70年の記念事業の一つに位置づけ、2014年度当初予算案に設計費として2千万円を計上し、2015年度の完成を目指しています。
  「猿猴橋」の周辺では、「広島駅南口B,Cブロックの再開発」が2016年に終わり、街の姿は大きく変わることになります。








《2014.08.19讀賣新聞夕刊》

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
手数料
イメージ

手数料(業務費用)の目安です。詳細は、お問い合わせ願います。

電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「マンション大規模修繕工事」の悪徳「コンサルタント」に注意!
イメージ

 「分譲マンション」の「大規模修繕工事」で、施工業者の選定協力や仕上がりのチェックを実施する「コンサルタン...

[ マンション問題 ]

「御堂会館(南御堂)」(大阪市中央区)建て替え
イメージ

 大阪のメインストリートである「御堂筋」の名前の由来ともなった「南御堂」(「真宗大谷派難波別院」)は、施設...

[ 名建築/迷建築 ]

「TOHOシネマズ 日劇」「石原裕次郎記念館」閉館
イメージ

 「TOHOシネマズ 日劇」が2018年2月上旬に閉館するといいます。 「TOHOシネマズ 日劇」は、1984年に「日本劇場...

[ 名建築/迷建築 ]

「ロシア」の「フルシチョフ住宅(「フルシチョフカ」)」建て替えへ
イメージ

 「ロシア」(「モスクワ」)で、1950~1970年代に建てられた5階建ての古い「アパート」約4,500棟を取り壊し、高...

[ 名建築/迷建築 ]

国内市場縮小で「住宅産業」は「東南アジア」へ進出
イメージ

 5%以上の成長を続ける「東南アジア」。 生活水準が向上するにつれ、徐々にその内容が変化し、最近は「住宅産...

[ 住宅(つくる、かう) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ