コラム

 公開日: 2014-10-23 

「正倉院」(「校倉造り」)大修理完了

 約100年ぶりの大修理が行われていた奈良市の国宝「正倉院」の工事が完了し、報道陣に公開されました。
 10月25日からは、3年2か月ぶりに校倉造り(あぜくらづくり)の外観が一般公開されます。
 1913年(大正2年)に行われた解体修理以来の大規模な工事で、2011年10月に開始され、約35,000枚の「屋根瓦」のうち約26,000枚が新調され、「天平時代」から「明治、大正期」の瓦を用いながら、壮大な屋根が完成しました。合せて、垂れ下がった「軒」の整備や骨組みの補強も施されたといいます。
 「校倉造り」(あぜくらづくり)とは、「三角」「四角」や「丸太」の断面の木材を水平に積み重ね、角の部分でかみ合うように交差させて壁体を構成する工法を指します。
 「弥生時代」の「倉」に始まり、現存するものでは「奈良時代」に建てられた「東大寺」の「正倉院」が有名です。
 また、「北米」の「ログハウス」は「丸太」を使用したものが多く、「校倉造り」(あぜくらづくり)の工法と同じです。








《2014.10.22:讀賣新聞》

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
手数料
イメージ

手数料(業務費用)の目安です。詳細は、お問い合わせ願います。

電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「二条城」内部が夜間公開:「大政奉還」から150年を記念
イメージ

 今年(2017年)は、近代国家としての歩みを始めた慶応3年(1867年)の「大政奉還」から150年の節目に当たります。...

[ 名建築/迷建築 ]

「勧工寮葵町製糸場」の詳細図面発見される
イメージ

 国立大学法人「東京農工大学科学博物館」の未整理資料から【教師イタリア人勧工寮伝習製糸器械絵図】が発見され...

[ 名建築/迷建築 ]

大阪市内は「ホテル」建設ラッシュ
イメージ

 大阪市内は、「ホテル」建設ラッシュに沸いています。 調査によると2018年末頃までに新たに供給される客室数...

[ 旬の話題 ]

「賃貸マンション」1階床下への浸水被害
イメージ

 マンション1階への浸水被害が複数発生しています。被害が顕在化し、その原因を特定するまでに時間を要しますが(...

[ 欠陥住宅(写真集) ]

「六甲山ホテル」が年末で営業終了、2019年新装開業へ
イメージ

 1929年(昭和4年)の開業時から残る六甲山上の老舗ホテル「六甲山ホテル」(神戸市灘区)の「旧館」が、2018年の...

[ 名建築/迷建築 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ