コラム

 公開日: 2015-06-16 

「バッハ」の肖像画が帰郷:ライプチヒ市

 「ドイツ」の大作曲家「ヨハン・セバスチャン・バッハ」(1685年~1750年)の貴重な肖像画が、死後265年ぶりに「バッハ」が後半生を過ごした「ライプチヒ市」に戻り、「ニコライ教会」で一般公開されました。
 今後は、「ライプチヒ市」内にある「バッハ博物館」に常設展示される予定です。
 「ライプチヒ・バッハ資料財団」によると、この肖像画は、地元の著名な画家「エリアス・ゴットロープ・ハウスマン」が1748年に描いたもので、「バッハ」の生前に描かれた数少ない作品の一つといわれます。
 鮮明な色や、生き生きとした表情を今に伝え、音楽室などでおなじみの肖像画の「原点」とされています。
 「バッハ」の死後、この肖像画は息子に受け継がれ、「ライプチヒ」を離れた後、戦禍を逃れるため「イギリス」へ行き、1952年に「アメリカ」の音楽学者「ウィリアム・シャイデ」氏がオークションで落札したそうです。
 昨年、「シャイデ」氏が死去し、遺言により「バッハ資料財団」に譲られることになり、価値は推定約250万ドル(約3億円)とされています。







(讀賣新聞:2015.06.14)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
手数料
イメージ

手数料(業務費用)の目安です。詳細は、お問い合わせ願います。

電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電話相...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「平昌オリンピック」開会式の式場建設
イメージ

 来年2月に「韓国」の「平昌」(ピョンチャン)で開かれる冬季五輪の開会式と閉会式の会場が、外国メディアに公開...

[ 旬の話題 ]

「新美術館」(大阪市)設計案を発表
イメージ

 大阪市北区中之島の市有地に、2021年度中に開館を目指す「新美術館」の設計案が発表されました。 「公募型設...

[ 旬の話題 ]

「自転車博物館」移転新築:「堺市」(大阪府)
イメージ

 国内唯一の自転車専門博物館である「自転車博物館サイクルセンター」(大阪府堺市堺区大仙中町)が、建物の老朽...

[ 旬の話題 ]

「JR京都駅」:「0番ホーム」と消えた「1番ホーム」?
イメージ

 「JR京都駅」に「0番ホーム」があります。 北陸方面に向かう「サンダーバード」などが止まるホームです。しか...

[ 一休み ]

「立春朝搾り」(「春鹿」「若戎」)が到着しました
イメージ

今年も、「立春朝搾り」が到着しました。「春鹿」(奈良県)と「若戎」(三重県)です。 春を迎えるめでたき立...

[ 旬の話題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ