コラム

 公開日: 2015-06-20 

「旧近衛師団司令部庁舎」(東京国立近代美術工芸館):東京北の丸公園

 「東京国立近代美術館工芸館」は明治43年に「近衛師団司令部」として建てられたものです。
 建設が決定された明治40年頃は、「日露戦争」が終結し、「朝鮮半島」や「満州」における戦後の経営をいかに進めるかを決定する時期であり、「陸軍」「海軍」ともに増強が計画され、「陸軍」は明治40年に12師団から19師団へ7師団増強されています。
 「近衛師団」も「歩兵」「騎兵」「砲兵」「交通兵」(鉄道隊、通信隊、気球隊)の増強を図り、司令部庁舎の新設を計画していました。 
 設計は明治38年に「工部大学校」を卒業したばかりの陸軍技師「田村鎮」でした。新進気鋭の技師で、大きなプロジェクトは初めてでしたが、「ゴシック風の様式」で赤煉瓦に白の花崗岩が映えています。 
 ここには「師団長」「師団参謀長」など師団の中枢が執務し、「近衛師団」の動向は全てここから指令が出されたといいます。
 昭和20年8月15日若手将校の決起で「森赳師団長」が射殺されたのは2階の師団長室で、その直後に偽の指令が出されたのもこの建物からといわれています。
 終戦による「近衛師団」の解散の後は、この「皇宮警察」の寮として利用されていましたが、昭和38年には国の事業として「北の丸地区」にあった「旧近衛師団」の建物群が撤去され、「森林公園」として整備されることとなり、昭和39年4月に「武道館」「科学博物館」「国立公文書館」がその中に設けられることが閣議決定されたため、「旧近衛師団司令部」も解体される運命にありました。
 この頃から、「近衛師団」の「戦友会」が中心となった保存運動が動き始め、昭和40年5月に「建設省都市局」から「文化財保護委員会事務局」に対して「旧近衛師団司令部庁舎」の歴史的建築的価値についての問合せが行われ、同委員会は『明治の洋風建築の代表的な遺構であり、適切な利用法のもとに保存されることを希望する。』との回答をしたといわれます。
昭和43年には「北の丸公園」の整備が進捗し、「旧近衛師団司令部」の解体も近づき、「日本建築学会」と「近代建築史」の専門家はこの建物の保存の意見書が関係各省に提出され、これを受けて「文化財保護委員会」から「重要文化財指定」の措置をとるよう意見書が出されました。
 昭和46年6月に、「旧近衛師団司令部庁舎処理要領」が作成され、関係省庁との協議を経て、同47年9月庁舎の保存について閣議の了解が得られ、同時に国の「重要文化財」としての指定を受けるとともに、「東京国立近代美術館工芸館」としてその活用を図るための存置が正式に決定されました。
 「東京国立近代美術館工芸館」としての改修工事は、文化庁建造物課の監理のもとに、昭和49年4月から「竹中工務店」により設計が行なわれ、展示室を広くするための間仕切り壁の撤去や煉瓦壁体のコンクリート補強、空調、防音、防災設備などの工事が進捗し、52年11月完成しています。
 同年11月15日には、「東京国立近代美術館工芸館」として開館しました。








(讀賣新聞:2015.06.19夕刊)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 高塚哲治

大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL:06-6862-6831

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
手数料
イメージ

手数料(業務費用)の目安です。詳細は、お問い合わせ願います。

電話相談/来所相談(面談)
「住宅」「マンション」向け【業務内容】

電話による相談は無料です。来所いただければ、初回に限り「1時間程度」の相談は無料です。(特に、当事務所は欠陥トラブルに関係する資料が整っています。)電...

 
このプロの紹介記事
高塚 哲治(たかつか てつじ)さん

CM(建築物をつくり維持する過程の最適化)により良質な建築を創造し、欠陥住宅問題も解決します(1/3)

 北大阪急行「緑地公園駅」から南へ徒歩約5分。マンション1階に事務所を構える「タウ・プロジェクトマネジメンツ」の高塚哲治さんは、元大手設計会社「日建設計」勤務。1998年11月に独立しました。「日建設計は素晴らしい組織設計事務所ですが、いつ...

高塚哲治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

欠陥住宅問題に精通し、CMを遂行する

事務所名 : タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所
住所 : 大阪府豊中市寺内2-11-3-102 [地図]
TEL : 06-6862-6831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6862-6831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「名門ホテル」跡地に「タワーマンション」(「大阪市」)
イメージ

 以前、「大阪市」北区にあった旧「ホテルプラザ」と「朝日放送」の跡地に、「積水ハウス」などが2022年に完成さ...

[ 名建築/迷建築 ]

「DOCOMOMO」が東大阪市「旭町庁舎」(「旧枚岡市庁舎」)再生計画案を提出
イメージ

 「生駒山」を望む東大阪市にある「旭町庁舎」(「旧枚岡市役所」「旧東大阪市役所東支所」)は、コンクリート打...

[ 名建築/迷建築 ]

「東大寺二月堂」の「修二会(お水取り)」
イメージ

 「東大寺二月堂」の「修二会(お水取り)は、1260年以上一度も休むことなく続く伝統行事で、 寒い真冬の夜に、大...

[ 旬の話題 ]

長崎「出島」に橋が架かる
イメージ

 「長崎市」が復元を進める国指定史跡「出島和蘭(オランダ)商館跡」で、「出島」と対岸を結ぶ「表門(おもても...

[ 旬の話題 ]

「丹後地震記念館」(京都府)老朽化で危機
イメージ

 発生から90年となる「北丹後地震」を伝える「丹後震災記念館」(京都府京丹後市峰山町、府指定文化財)が、老朽...

[ 名建築/迷建築 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ