プロTOP:東野修次プロのご紹介

中小企業の事業再生を支援するプロジェクトチームを設立(1/3)

東野修次 とうのしゅうじ

経営者に代わって銀行との交渉役を担う、新しい法的サービスを提供

 関西を中心に10年以上、弁護士活動を行ってきた東野修次(とうの しゅうじ)さんは、公認会計士と一緒になって、関西の中小企業の「事業再生」・「事業承継」を支援するプロジェクトチームを立ち上げました。民事再生や会社更生といった法的な枠組みだけではなく、中小企業再生支援協議会方式や私的整理など、あらゆる方法を使って中小企業のための活動をしています。

 そのほかに、チームが力を入れている仕事は、中小企業の平常時の経営において、経営者が自社の財務状況をしっかりつかみ、将来の資金繰りも頭に入れて経営できるよう支援することです。経営計画を立て、銀行や他の金融機関と決算書やキャッシュフローに裏付けられた数値をもとに経営計画に基づいた話をし、融資を受けたり、弁済の繰り延べを受けたりできるような力をつけてもらうことが重要と考えています。

 「“芳(かんば)しくない財務状況をありのままに開示すると、銀行からの融資を止められてしまう”といった誤解を多くの中小企業の経営者の方がお持ちです。この誤解が“銀行からの信用を失わせ、新たな融資の可能性を閉ざしてしまう”という悪循環を生んでいますが、実際はそうではありません。事業を展開していくと、良い時期もあれば悪い時期もあります。平常時からリスクマネージメントを行えるかどうかが企業の命運を握っているのです。しっかりとした事業計画書を提出し、資金不足の原因を説明することができれば、銀行は企業の将来性を見込んで融資額の増額や弁済の繰り延べを決断することも大いにありえます」。

<次ページへ続く>

【次ページ】 中小企業の経済的・社会的評価の向上を実現する法的サービスの提供へ

東野修次プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 東野&松原&中山法律事務所
住所 : 大阪府大阪市北区中之島2丁目2番2号 大阪中之島ビル10階 [地図]
TEL : 06-6231-3737

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6231-3737

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

東野修次(とうのしゅうじ)

東野&松原&中山法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
経営者にとっての団体交渉(1) 「団体交渉に応じる義務はあるのか?」

「従業員が『○○合同労組』の『書記長』と名乗る人物を連れてきて、『団体交渉』を要求されている。」「全然聞いた...

やさしい為替デリバティブの話 (3)

為替デリバティブ(通貨オプション)のこと(3)前回までは、為替デリバティブで損が出る理由をお話ししてきまし...

やさしい為替デリバティブの話(2)

前回に引き続き、為替デリバティブのお話しをします。為替デリバティブは、円安リスクをヘッジできるにもかかわら...

やさしい為替デリバティブの話(1)

為替デリバティブ(通貨オプション)のこと(1)みなさんは、為替デリバティブ(通貨オプション)という言葉をお...

弁護士は職人!!!

普段あまり法律トラブルにあわない「一般」の方にとっては、いざ何かあっても、弁護士のところに行くことは勇気が...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ