Q&A(このプロの回答)

私道の停車について
自宅前の私道が狭く10分ほど車を止めていたら近所から通報されました。荷物の搬入など生活を考えるとごく当たり前の範疇だと思うのですが、何か法的な手続きや申請で路上駐車違反を回避できる方法などはないのでしょうか?
投稿日時:2009-12-07 15:08:24
法律

東野修次 とうのしゅうじ

東野修次の回答

私道への短時間駐車について

1 まず,公道でないのに道路交通法の適用があるか検討します。「自宅前の私道」が道路交通法にいう「道路」に該当するか否かですが,道路交通法2条1項1号に「道路」の定義がなされています。

第二条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
一  道路 道路法 (昭和二十七年法律第百八十号)第二条第一項 に規定する道路、道路運送法 (昭和二十六年法律第百八十三号)第二条第八項 に規定する自動車道及び一般交通の用に供するその他の場所をいう。

「一般交通の用に供するその他の場所」とは,現実に不特定多数の人や車が自由に通行できる場所のことを意味しますので,私道であっても人や車が自由に通行できるものである以上,道路交通法にいう「道路」に該当することになり,駐車取締りの対象となります。

2 次に,同法2条1項18号に「駐車」の定義がなされています。

十八  駐車 車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により継続的に停止すること(貨物の積卸しのための停止で五分を超えない時間内のもの及び人の乗降のための停止を除く。)、又は車両等が停止し、かつ、当該車両等の運転をする者(以下「運転者」という。)がその車両等を離れて直ちに運転することができない状態にあることをいう。

これによれば5分を超えて「10分ほど車を止め」ることは「駐車」に該当します。

3 そうすると,「駐車」した「自宅前の私道」が同法45条1項各号に該当する場所であれば,同法違反となります。
但し例外として,同法45条1項但書は「公安委員会の定めるところにより警察署長の許可を受けたときは,この限りでない」とされております。
例えば,大阪府の場合は,大阪府道路交通規則で駐車許許可にあたって以下の通り厳しい要件が定められています。

大阪府道路交通規則
(署長の駐車許可)
第8条 署長は、申請に係る車両の駐車が次のいずれにも該当するときは、法第45条第1項ただし書に規定する許可を行うものとする。ただし、法第77条第1項に規定する道路使用に該当する場合を除く。
(1) 交通に危険を生じさせ、又は交通を著しく阻害する時間帯でなく、かつ、用務を達成するため必要な時間を超えて駐車するものでないこと。
(2) 法第45条第1項の規定により車両の駐車が禁止されている場所(当該車両が放置車両となる場合は、同項各号に掲げる場所を除く。)で、当該場所に駐車することにより、交通に危険を生じさせ、又は交通を著しく阻害するものでないこと。
(3) 当該申請車両以外の交通手段を利用すること、又は駐車可能な場所に駐車することでは、用務を達成することが著しく困難と認められること。
(4) 次に掲げる範囲内に、路外駐車場、路上駐車場、時間制限駐車区間及び駐車が禁止されていない道路の部分がなく、又はこれらに駐車することができないと認められること。
ア 長さ又は重量が相当程度の貨物を積卸すために駐車する必要がある車両にあつては、申請場所からおおむね5メートル以内
イ その他の車両にあつては、申請場所からおおむね300メートル以内

4 法的には以上の通りですが,ご質問の内容からすれば通常は近隣関係の問題でお互い様の関係で済むはずなのですが,通報者に何か他の事情がありそうです。自宅前であっても度々駐車する際には,たとえ短時間であっても道路の通行に支障がでる近隣の方には一声掛けるなどの対応が現実的かと思われます。

回答日時:2009-12-08

Q&A一覧に戻る

最近投稿されたコラムを読む
Q&A
 
このプロの紹介記事
東野修次 とうのしゅうじ

中小企業の事業再生を支援するプロジェクトチームを設立(1/3)

 関西を中心に10年以上、弁護士活動を行ってきた東野修次(とうの しゅうじ)さんは、公認会計士と一緒になって、関西の中小企業の「事業再生」・「事業承継」を支援するプロジェクトチームを立ち上げました。民事再生や会社更生といった法的な枠組みだけ...

東野修次プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 東野&松原&中山法律事務所
住所 : 大阪府大阪市北区中之島2丁目2番2号 大阪中之島ビル10階 [地図]
TEL : 06-6231-3737

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6231-3737

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

東野修次(とうのしゅうじ)

東野&松原&中山法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
経営者にとっての団体交渉(1) 「団体交渉に応じる義務はあるのか?」

「従業員が『○○合同労組』の『書記長』と名乗る人物を連れてきて、『団体交渉』を要求されている。」「全然聞いた...

やさしい為替デリバティブの話 (3)

為替デリバティブ(通貨オプション)のこと(3)前回までは、為替デリバティブで損が出る理由をお話ししてきまし...

やさしい為替デリバティブの話(2)

前回に引き続き、為替デリバティブのお話しをします。為替デリバティブは、円安リスクをヘッジできるにもかかわら...

やさしい為替デリバティブの話(1)

為替デリバティブ(通貨オプション)のこと(1)みなさんは、為替デリバティブ(通貨オプション)という言葉をお...

弁護士は職人!!!

普段あまり法律トラブルにあわない「一般」の方にとっては、いざ何かあっても、弁護士のところに行くことは勇気が...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ