コラム

 公開日: 2016-11-13  最終更新日: 2016-11-15

これからの高齢者の住まいづくり

結婚して子どもを授かり、家庭を築こうと考えている若い夫婦と団塊世代とでは、家づくりのポイントは大きく異なります。
高齢期を迎えた団塊世代は、私達の親世代と違ってまだまだ仕事やボランティア、趣味の活動にと皆さん大変お元気で活躍されています。
だからこそ元気なうちに、いずれ必要となる介護を意識した家づくりが求められているのではないでしょうか。
高齢になって筋力が衰えると、重いドアやドアノブ、ちょっとした床の段差なども障害となります。
引き戸にすると楽に開閉できるだけでなく、中で倒れたときも外から開けることができます。
浴室やトイレは冬場になるとヒートショックの危険性が考えられるため、部屋や廊下、脱衣所などとの温度差をできるだけなくすこともポイントです。
手すりが必要な場合は、自分の身長と掴みやすい位置を計算して、廊下や階段、浴室などに設置すると良いでしょう。
また、車いすが必要な場合は、エレベーターの設置も選択肢の一つです。
現時点ではまだ必要がない人は、将来的に必要になったときのために、下地を補強などの準備をしておくことをおすすめします。
団塊世代は生活動線がコンパクトにまとまるように、使用する部屋を近づけるとさらに良いでしょう。
≪家づくりで各部屋での配慮するポイント!≫
団塊世代が家づくりを考えるときには、部屋のすみずみまで介護のしやすさを意識したいところです。
家の中で高齢者の事故が起きやすいとされている浴室は、特に注意が必要です。
浴槽は、背もたれのある洋式や和洋折衷よりもむしろ和式のほうが安全です。
筋力の衰えた高齢者は自分の体を支えるることが出来ず、浴槽で溺れる事故が多いのです。
また、濡れた床で転倒しないように、濡れても滑りにくい加工や、すぐに乾く加工がされた床材を選ぶことは重要です。
その他、またぎやすい高さの浴槽を選ぶこと、誤ってぶつかったときに割れにくいガラスにしておくことなどに注意しましょう。
トイレや洗面所は、2人入っても余裕のあるスペースを取っておいた方が、介護はしやすくなります。
キッチンは火を扱う場所なので、一歩間違うと大きな事故につながりかねません。
しかし、IH調理なら火を使わないから絶対に安全とも言い切れず、使い慣れていない人にとっては余計に事故の可能性を高めることもあるので、十分な注意が必要です。
団塊世代向けの家づくりでは、このように家の機能面で様々な工夫を考えなくてはなりません。
そして、家族とのコミュニケーションの取りやすさなど、介護を受ける側の気持ちも考えられた設計にすることも大切なポイントです。
国は高齢者の介護費用の増加に伴い、現行の介護保険だけでは早晩破綻すると考え、今後在宅介護、在宅医療に大きくシフトしてゆくと思われます。
次回は在宅介護に向けた家づくりについて考えます。

この記事を書いたプロ

坪田眞幸建築研究所 [ホームページ]

建築家 坪田眞幸

大阪府大阪市西区阿波座1-10-5 岩田ビル301 [地図]
TEL:06-6578-2251

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
坪田 眞幸(つぼた・まさゆき)さん

世代を超えて住まわれ続ける家を目指して(1/3)

 室内に光と風を呼び込む軒のある屋根、居間には吹き抜け、床は無垢(むく)材のフローリング……。坪田眞幸さんが手がける住宅には、自然を生かし、住む人に優しい空間を作りたいという思いがこもっています。 日本の気候風土に合うように設計を考えると...

坪田眞幸プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

住まい手に優しい、世代を超えて住み続けられる家づくり

会社名 : 坪田眞幸建築研究所
住所 : 大阪府大阪市西区阿波座1-10-5 岩田ビル301 [地図]
TEL : 06-6578-2251

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6578-2251

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坪田眞幸(つぼたまさゆき)

坪田眞幸建築研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
終の棲家を考える

「終の棲家を考える」現在、日本人の平均寿命は男性80.79歳、女性87.05歳(厚生労働省:平成27年簡易生命表の概...

[ 平均寿命と健康寿命 ]

在宅介護に向けた家づくりは女性の目線が必要

 在宅介護しやすい家の動線 ≪在宅介護に向けた家づくりは女性の目線が必要≫ 2016年の日本の人口の約1割を占...

[ 団塊世代の家づくり ]

「契約時の設計図面はとても大事です。」

昨日、建築士会の電話相談員を担当してきました。月~金曜日の午後1時~4時まで、無料で建築のあらゆる相談に建...

[ 工事契約 ]

建築事務所・設計事務所をどう選ぶ?

建築事務所・設計事務所をどう選ぶ?建築家に設計を依頼して家を建てる場合は工務店やハウスメーカーと違って...

[ 家づくりの進め方 ]

「断熱材(性能)だけじゃない快適な家とは」
イメージ

「断熱材(性能)だけじゃない快適な家とは」~平成25年改正省エネ基準が施行されました。~第1回:これから...

[ 平成25年改正省エネ基準 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ