プロフィール

坪田眞幸プロの一番の強み

住まい手に優しい、世代を超えて住み続けられる家づくり

日当りや風通しが良く、構造のしっかりした安心できる家、その上で周囲の景観と調和し、美しい町並みを形づくることができるような家を、ご依頼人と十分なコミュニケーションをとりながらつくっていきます

1956年 福井市生まれ
1980年 近畿大学理工学部建築学科卒、㈱大崎設計入社
1982年 ㈱AZ環境計画研究所、㈱喜多隼紀建築事務所他に勤務
1989年 一級建築士資格取得
1995年 坪田眞幸建築研究所開設
耐震診断士/大阪府被災建築物応急危険度判定士
一級建築士試験設計製図講師

  • □設計・監理
  •  木造住宅:六甲の家、修竹の家、青霄庵、千林の家、天理の家
  •  鉄骨住宅:大正の家、高天の家
  •  リフォ-ム:硯学居、おなかの大きな王子様の家、岩田ビル、生野区の長屋
  • □官庁工事
  •  大阪府下各中学校、支援学校、防衛省官舎の耐震改修工事設計・監理
  • □セミナ-講師
  •  主催:大阪府建築士会住宅を設計する仲間達展示相談会
  •  主催:阿倍野市民学習センタ-「住まいづくりセミナ-
氏名 坪田眞幸(つぼたまさゆき)
会社名 坪田眞幸建築研究所
事業内容 主に個人住宅を中心とした建築設計・監理、耐震診断・設計、インテリアデザイン
取扱分野 自然素材を生かした住宅の設計・施工・監理
特徴 採光や空調に自然を生かし、耐力構造とデザインが両立する家づくり
職種 建築家
住所 〒550-0011
大阪府大阪市西区阿波座1-10-5 岩田ビル301
電話 06-6578-2251
受付時間 メールでは随時
電話では9時~18時
定休日 不定休
ホームページ http://www.tsubota-architects.com/
資格 1級建築士、耐震診断士、専攻建築士、大阪府被災建築物応急危険度判定士、住宅建築コーディネーター
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
坪田 眞幸(つぼた・まさゆき)さん

世代を超えて住まわれ続ける家を目指して(1/3)

 室内に光と風を呼び込む軒のある屋根、居間には吹き抜け、床は無垢(むく)材のフローリング……。坪田眞幸さんが手がける住宅には、自然を生かし、住む人に優しい空間を作りたいという思いがこもっています。 日本の気候風土に合うように設計を考えると...

坪田眞幸プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

住まい手に優しい、世代を超えて住み続けられる家づくり

会社名 : 坪田眞幸建築研究所
住所 : 大阪府大阪市西区阿波座1-10-5 岩田ビル301 [地図]
TEL : 06-6578-2251

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6578-2251

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坪田眞幸(つぼたまさゆき)

坪田眞幸建築研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
在宅介護に向けた家づくりは女性の目線が必要

 在宅介護しやすい家の動線 ≪在宅介護に向けた家づくりは女性の目線が必要≫ 2016年の日本の人口の約1割を占...

[ 団塊世代の家づくり ]

これからの高齢者の住まいづくり

結婚して子どもを授かり、家庭を築こうと考えている若い夫婦と団塊世代とでは、家づくりのポイントは大きく異なり...

[ 団塊世代の家づくり ]

「契約時の設計図面はとても大事です。」

昨日、建築士会の電話相談員を担当してきました。月~金曜日の午後1時~4時まで、無料で建築のあらゆる相談に建...

[ 工事契約 ]

建築事務所・設計事務所をどう選ぶ?

建築事務所・設計事務所をどう選ぶ?建築家に設計を依頼して家を建てる場合は工務店やハウスメーカーと違って...

[ 家づくりの進め方 ]

「断熱材(性能)だけじゃない快適な家とは」
イメージ

「断熱材(性能)だけじゃない快適な家とは」~平成25年改正省エネ基準が施行されました。~第1回:これから...

[ 平成25年改正省エネ基準 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ