コラム一覧

1件~15件(86件)

過去の15件

自動車販売店の経営者が間違える税務ポイント

自動車販売店の税務処理に携わっていると、自動車販売店特有の間違えやすいポイントがあります。中でも、開業して間もない中古車販売店の経営者に多く見られるのが、自動車税、自賠責保険料、リサイクル預託金の取り扱いの中で発生する、経理処理と消費税の課税区分についての誤りです。そ... 続きを読む

2016-12-16

【IT企業】ゲームソフト販売の税務

IT企業などで行われているゲームソフトの開発・販売は、様々な課金システムが存在し、収益認識基準も課金システムごとに異なります。その為、税務処理においても、企業の担当者などがなかなか判断し辛い傾向にあるようです。今回のコラムでは、IT企業の担当者から相談を寄せられる、パッケ... 続きを読む

2016-12-14

【IT企業】自社利用のソフトウェアの会計と税務処理

ソフトウェア制作費は、研究開発の目的以外で計上する方法として、顧客に提供するソフトウェアと、自社利用のソフトウェアに大きく分けられます。その際、資産で計上するか、あるいは費用として計上するかについては明確な基準がある為、IT企業などの会計担当者に選択の余地はありません。... 続きを読む

2016-12-12

【IT企業】受注制作ソフトウェア税務

イメージ

ソフトウェア会計は特有の経理処理が存在する為、IT企業やソフトウェアの開発を行っている会社の経理担当者から、多くのご相談が寄せられています。今回はその中で、受注制作ソフトウェアの収益の認識と、原価集計の範囲についてご説明させて頂きます。 ソフトウェアの一般的な収益認識につ... 続きを読む

2016-12-10

【IT企業】市場販売目的のソフトウェアの税務

ソフトウェアの会計は特有の処理方法が存在する為、IT企業やソフトウェアの開発を行っている会社の会計担当者から、多くのご相談が寄せられます。そこで今回は、ご相談の多い市場販売目的の会計・経理処理について、ソフトウェアとコンテンツの概念を交えてご説明させていただきます。 ソフ... 続きを読む

2016-09-17

【IT企業】会計・税務のソフトウェアの分類

前回のコラム「ソフトウェアの経理処理について」では、会計上と税務上のソフトウェアの違いについてご説明しましたが、会計上のソフトウェアにおいては、取得の仕方によって更に4つに分類することができます。そこで今回は、会計上のIT企業の会計・税務担当者が迷いやすいソフトウェアの分類を... 続きを読む

2016-09-15

【IT企業】ソフトウェアの経理処理について

IT企業の経理を担当していると、一度はソフトウェアの経理処理で迷ったことがあるのではないでしょうか。今回はIT企業で悩みがちな、ソフトウェアにおける会計上と税務上の経理処理の違いなどについて、ご紹介したいと思います。 会計上のソフトウェアとは? 公認会計士協会の実務指針(注1... 続きを読む

2016-09-13

会社設立時に資金を借りる方法について

会社設立時にどこの金融機関から資金を借りたらいいのか、頭を悩ませる人は多いと思います。前回のコラム「資金調達の為の銀行との付き合い方」でご紹介したように、銀行で借りるのも方法ですが、会社を設立したばかりの会社は実績がない為、銀行からの借入れは難しいとも言われているのです。... 続きを読む

2016-09-11

資金調達の為の銀行との付き合い方

資金調達する手段の一つとして、金融機関からの借入れがあります。創業融資は日本政策金融公庫などの政府系金融機関からの借入れの他、私達にとって身近な存在である銀行からの借入れも選択肢の一つとして考えられます。さて銀行からの借入れでは、ちょっとした付き合い方のコツがあるのをご存... 続きを読む

2016-09-09

資金調達に必要な事業計画書

事業を発展・継続させるためには資金が必要になり、その際に金融機関などからの資金調達を検討しななければなりません。そこで重要となるのは、融資を決定づける内容が記載された事業計画書となります。今回は、事業計画書を作る意味を確認しながら、資金調達で有利になる計画書の書き方につい... 続きを読む

2016-08-26

黒字でも倒産してしまう資金繰り

会社経営において、会計上黒字にすることは重要なことです。しかし黒字にしているにもかかわらず、倒産してしまう企業があります。これが「黒字倒産」と呼ばれるものです。その原因と対策を理解して、自分の会社が黒字倒産しない為の策を、日頃から講じておきましょう。 黒字倒産してしまう... 続きを読む

2016-08-24

資金繰りはなぜ必要なの?

「資金繰り」という言葉から想像するのはどのようなことでしょうか?「資金繰りが上手く行かない」や「資金繰りが苦しい」など、どちらかというとマイナス的な要素が強いかもしれません。そもそも資金繰りとはどのような意味を持つのでしょうか。そして、何故会社には資金繰りが必要なのでし... 続きを読む

2016-08-22

経営を安定成長させる為の事業計画書

会社を経営するにあたり、事業の安定成長を望まない会社はないはずです。安定成長ができる会社経営をしたいのであれば、事業計画書を作ることが有効な手段であると考えられます。何故ならば、事業計画書を作る際には、資金や売上げ計画を綿密に立てる必要性があり、それが結果的に安定した企業... 続きを読む

2016-08-20

事業計画書に頼る経営と勘に頼る経営の違い

よくあるケースとして、昔ながらの勘や経験に頼った経営を行う会社があります。しかしそのような経営は、勘通りに事業が進んでいるときはよいのですが、いったん的が外れてしまうとあっという間に経営の危機を招く可能性があります。今回は、勘に頼った経営に潜んでいる問題点を確認し、解... 続きを読む

2016-08-18

介護事業経営の重要なポイント

現在多くの企業が参入している介護事業。高齢化社会に向けて需要の拡大が期待できるとされている一方、経営の土台をしっかり作らないと存続が難しい業界であると言われています。そこで今回は、経営基盤を作るための介護事業運営における会計処理のお話、経営ポイントや節税など、介護事業者が役立... 続きを読む

2016-08-16

1件~15件(86件)

過去の15件

コラムのテーマ

RSS
 
このプロの紹介記事
辻村 登志子(つじむら としこ)さん

介護事業への支援にも力を注いでいます(1/3)

 地下鉄東梅田駅から東へ徒歩約5分のビルにある辻村会計事務所。「最近では、介護事業者の方が増えています。そういう背景もあり、そちらの方の支援に力を入れています。かなり規模の大きい所から小規模の介護事業者さんもおられ、それぞれお悩みの内容が違...

辻村登志子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

事務所名 : 辻村会計事務所
住所 : 大阪府大阪市北区西天満6-1-2 千代田ビル別館4F [地図]
TEL : 06-6130-8161

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6130-8161

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

辻村登志子(つじむらとしこ)

辻村会計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
自動車販売店の経営者が間違える税務ポイント

自動車販売店の税務処理に携わっていると、自動車販売店特有の間違えやすいポイントがあります。中でも、開業...

【IT企業】ゲームソフト販売の税務

IT企業などで行われているゲームソフトの開発・販売は、様々な課金システムが存在し、収益認識基準も課金システム...

【IT企業】自社利用のソフトウェアの会計と税務処理

ソフトウェア制作費は、研究開発の目的以外で計上する方法として、顧客に提供するソフトウェアと、自社利用のソフ...

【IT企業】受注制作ソフトウェア税務
イメージ

ソフトウェア会計は特有の経理処理が存在する為、IT企業やソフトウェアの開発を行っている会社の経理担当者から、...

【IT企業】市場販売目的のソフトウェアの税務

ソフトウェアの会計は特有の処理方法が存在する為、IT企業やソフトウェアの開発を行っている会社の会計担当者から...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ