コラム

 公開日: 2009-12-23  最終更新日: 2014-05-23

サラリーマンの副収入に対する課税 - ①


サラリーマンの人は給与所得者といって、会社から決まった給料を貰っている人です。

給与所得者は、勤めている会社が会社員各自の税務申告を、

年末調整というかたちで本人に代わって行ってくれています。

そのため、多くのサラリーマンの人が自分では確定申告をしていません。


しかし給与収入が2,000 万円を超える人は、確定申告をする必要があります。

また、一般のサラリーマンでも特定の条件が付くと確定申告の義務が生じます。

大雑把に言うと、複数の収入があると確定申告の必要性が生じます。


各会社は自社での給与しか把握していないために、

副収入を含む所得の精算を各自で申告しなければならないということです。

複数の収入と言うと、例えば


『給与』+『株式の配当収入』

『給与』+『貸家や賃貸住宅経営の家賃収入』、

『給与』+『事業による収入』、

『給与』+『アルバイト給与』 などがあります。


ただ、給与所得と退職所得以外の所得金額が年間20万円を超えない場合は、

複数の収入があっても申告をする必要がありません。


また、副収入にあたるもののうち、必要経費が認められる場合もあります。

たとえば、原稿料の副収入等は

年間25万円の収入に、その原稿執筆の為に6万円の経費がかかったとすれば、

所得は19万円となるわけです。


このように、副収入にもいろいろなケースがあります。



--------- つづく -----------


***********************************
 大阪・神戸で開業独立をお考えの方
 税理士をお探しの方、パソコン会計の導入
  借入対策・助成金・経営計画書
  のことなら [辻村会計事務所] へ
     TEL  06-6130-8161
***********************************

この記事を書いたプロ

辻村会計事務所 [ホームページ]

税理士 辻村登志子

大阪府大阪市北区西天満6-1-2 千代田ビル別館4F [地図]
TEL:06-6130-8161

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
辻村 登志子(つじむら としこ)さん

介護事業への支援にも力を注いでいます(1/3)

 地下鉄東梅田駅から東へ徒歩約5分のビルにある辻村会計事務所。「最近では、介護事業者の方が増えています。そういう背景もあり、そちらの方の支援に力を入れています。かなり規模の大きい所から小規模の介護事業者さんもおられ、それぞれお悩みの内容が違...

辻村登志子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

事務所名 : 辻村会計事務所
住所 : 大阪府大阪市北区西天満6-1-2 千代田ビル別館4F [地図]
TEL : 06-6130-8161

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6130-8161

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

辻村登志子(つじむらとしこ)

辻村会計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【IT企業】市場販売目的のソフトウェアの税務

ソフトウェアの会計は特有の処理方法が存在する為、IT企業やソフトウェアの開発を行っている会社の会計担当者から...

【IT企業】会計・税務のソフトウェアの分類

前回のコラム「ソフトウェアの経理処理について」では、会計上と税務上のソフトウェアの違いについてご説明しまし...

【IT企業】ソフトウェアの経理処理について

IT企業の経理を担当していると、一度はソフトウェアの経理処理で迷ったことがあるのではないでしょうか。今回はI...

会社設立時に資金を借りる方法について

会社設立時にどこの金融機関から資金を借りたらいいのか、頭を悩ませる人は多いと思います。前回のコラム「資...

資金調達の為の銀行との付き合い方

資金調達する手段の一つとして、金融機関からの借入れがあります。創業融資は日本政策金融公庫などの政府系金融機...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ