コラム

 公開日: 2016-08-26 

資金調達に必要な事業計画書

事業を発展・継続させるためには資金が必要になり、その際に金融機関などからの資金調達を検討しななければなりません。

そこで重要となるのは、融資を決定づける内容が記載された事業計画書となります。今回は、事業計画書を作る意味を確認しながら、資金調達で有利になる計画書の書き方について見ていきましょう。

事業計画書を作る3つの意味

ここでいま一度、事業計画書を作成する目的について整理してみましょう。

事業計画書を作成する目的には、次の3つが挙げられます。

まず最大の目的は、資金調達です。資金調達の主な方法には、自己資金、身内からの出資や借入などがあり、その中で頼りになるのが金融機関、国や地方公共団体からの借入れとなります。
融資の際には、必ず事業計画書の提出が求められる為、融資を成功させるための計画書作りは重要な意味があります。

2つ目は、事業内容と方向性を明確にする目的です。通常、事業計画書には会社の理念、事業内容、マーケティング内容、中長期の利益目標などを記載します。そこで明確にされた方針に基づいて、経営者のみならず社員も一丸となって事業に取り組むことができます。
また、創業当時とブレが生じていないかの判断基準にもなります。事業計画書は、いわば羅針盤のような存在と言えるでしょう。

3つ目は、事業開始後の経営分析の資料としての目的です。事業計画書で立てた売り上げ目標に対して、実績はどうであったかなどを数字で確認して行きます。その際、見直しや作り直しをすると、より説得力のある事業計画書を目指すことができます。

資金調達を成功へ導く事業計画書

前述の通り、事業計画書の最大の目的は資金調達の為であり、大切なのは、金融機関から融資を引き出す為の計画書を作ることです。資金調達を有利に運ぶ事業計画書の作成ポイントを、以下にまとめてみました。

●事業計画全体について
・現実的な裏付けのもとに事業計画が立てられていること。
・必要なマーケティングが行われていること。客観的な資料が添付されていると望ましい。
・事業内容がわかりやすく書かれていること。
・自己の事業についての熱意をアピールできていること。

●資金調達について
・融資を受けたい金額が過大投資と見なされない数字であること。
・自己資金がちゃんと含まれている(全額融資となると、審査が厳しくなる可能性があるため)。
・設備資金と運転資金は細かく根拠のある数字で計算されている。

●収支計画について
・売上高は、現実的な数字と理由が記載されているか。
・妥当な金額での経費の見積もりがされているか。
・数字の根拠となる客観的な資料が添付されているか。

以上のポイントをしっかり抑えて、資金調達を実現するための事業計画書作りに役立ててください。

この記事を書いたプロ

辻村会計事務所 [ホームページ]

税理士 辻村登志子

大阪府大阪市北区西天満6-1-2 千代田ビル別館4F [地図]
TEL:06-6130-8161

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
辻村 登志子(つじむら としこ)さん

介護事業への支援にも力を注いでいます(1/3)

 地下鉄東梅田駅から東へ徒歩約5分のビルにある辻村会計事務所。「最近では、介護事業者の方が増えています。そういう背景もあり、そちらの方の支援に力を入れています。かなり規模の大きい所から小規模の介護事業者さんもおられ、それぞれお悩みの内容が違...

辻村登志子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

事務所名 : 辻村会計事務所
住所 : 大阪府大阪市北区西天満6-1-2 千代田ビル別館4F [地図]
TEL : 06-6130-8161

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6130-8161

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

辻村登志子(つじむらとしこ)

辻村会計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
起業してから数年後も、経営者の相談相手になり続けてこそ本当の税理士!

どんな会社でも創業時は沢山の苦労を経験することでしょう。そんな大変な時期を乗り越え、やっと安定の文字が見え...

税理士を選ぶときは、何を基準に選べばいい?

税理士を選ぶ際、皆さんはどのような基準でお探しになるでしょうか? 知り合いから紹介してもらったり、ネットで...

会計や税務を税理士へ任せるのと自らするのとでの違い

会計や税務処理は、事業を行っている以上は必要な業務です。自分で全て行う方もいると思いますが、専門家に頼んだ...

自動車販売店を上手に利用して節税対策
イメージ

事業をされている方や法人などは、自動車などの固定資産を購入することで節税する仕組みを利用することが出来ます...

消費税の簡易課税制度と自動車販売店

消費税は、日本国内で事業者が事業として対価を得て取引を行う場合にかかる税金のことです。当然ながら自動車販売...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ