コラム

 公開日: 2017-03-01 

自動車販売店を上手に利用して節税対策

事業をされている方や法人などは、自動車などの固定資産を購入することで節税する仕組みを利用することが出来ます。これがいわゆる減価償却というものです。減価償却は自動車販売店が直接節税対策となるものではありませんが、自動車を購入した側は節税対策に繋がります。

減価償却とは?

自動車や建物など土地以外の固定資産は、使用している間に少しずつ価値が減っていくという特徴があります。そのため、費用として計上する場合には、すぐに費用化するのではなく、何年かに渡って使用期間に応じた減額処理を行なっていきます。その仕組みが「減価償却」と呼ばれるもので、資産の種類によって法定耐用年数が定められています。
尚、主な新車の法定耐用年数は、普通自動車の場合は6年、軽自動車は4年、自動二輪(バイク)は3年です。

中古自動車は節税対策になる?

まず結論を申し上げますと、中古自動車は節税対策に繋がります。

何故かと言うと、耐用年数を見積もることが困難な中古資産は、法定耐用年数の一部を経過した資産は、法定耐用年数(普通自動車では6年)より短い耐用年数(計算式「(法定耐用年数-経過年数)+経過年数×20%」)で減価償却費を計算することを認められているからです。

つまり中古資産の耐用年数における計算上の理由から、節税対策に繋がると言えるのです。

200万円の自動車を購入した場合を例にして、比較してみましょう。

A) 新車を購入
B) 法定耐用年数6年の車両で、4年間使用されたものを購入

計算式・・・(法定耐用年数6年-経過年数4年)+経過年数4年×20%=2.8年→2年(1年未満の端数切捨て、2年未満は2年となる)

このケースでは、Aの耐用年数は6年、Bの耐用年数は2年となります。同じ200万円の車を購入するのでも、6年かけて費用化するのと、2年で行うのとでは、節税効果に大きな差が生じることをお分かり頂けますでしょうか。

また、法定耐用年数の全部を経過すれば、法定耐用年数の20%に相当する年数で計算することができます。

4年落ちの中古自動車がお得?

よく4年落ちの中古自動車を購入するのは節税対策になると言われていますが、それには次のような理由があります。

4年落ちの自動車を上記の表で確認すると、償却率が「1.000」と表示されていると思います。
前項のBで計算したように、4年落ちの中古自動車の耐用年数は2年間です。
つまり4年落ちの中古自動車は、1年間で100%費用化できることがお分かりでしょうか。
但し、決算月までに慌てて購入したとしても、減価償却費は使用期間を月数で割って計算するため、費用化できるのは1か月分のみになってしまうことに留意しましょう。

この記事を書いたプロ

辻村会計事務所 [ホームページ]

税理士 辻村登志子

大阪府大阪市北区西天満6-1-2 千代田ビル別館4F [地図]
TEL:06-6130-8161

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
辻村 登志子(つじむら としこ)さん

介護事業への支援にも力を注いでいます(1/3)

 地下鉄東梅田駅から東へ徒歩約5分のビルにある辻村会計事務所。「最近では、介護事業者の方が増えています。そういう背景もあり、そちらの方の支援に力を入れています。かなり規模の大きい所から小規模の介護事業者さんもおられ、それぞれお悩みの内容が違...

辻村登志子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

事務所名 : 辻村会計事務所
住所 : 大阪府大阪市北区西天満6-1-2 千代田ビル別館4F [地図]
TEL : 06-6130-8161

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6130-8161

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

辻村登志子(つじむらとしこ)

辻村会計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
起業してから数年後も、経営者の相談相手になり続けてこそ本当の税理士!

どんな会社でも創業時は沢山の苦労を経験することでしょう。そんな大変な時期を乗り越え、やっと安定の文字が見え...

税理士を選ぶときは、何を基準に選べばいい?

税理士を選ぶ際、皆さんはどのような基準でお探しになるでしょうか? 知り合いから紹介してもらったり、ネットで...

会計や税務を税理士へ任せるのと自らするのとでの違い

会計や税務処理は、事業を行っている以上は必要な業務です。自分で全て行う方もいると思いますが、専門家に頼んだ...

消費税の簡易課税制度と自動車販売店

消費税は、日本国内で事業者が事業として対価を得て取引を行う場合にかかる税金のことです。当然ながら自動車販売...

自動車販売店の経営者が間違える税務ポイント

自動車販売店の税務処理に携わっていると、自動車販売店特有の間違えやすいポイントがあります。中でも、開業...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ