三根早苗

みねさなえ

有限会社パワーエンハンスメント/女性起業家ネットワーク「わくらく」

[ 大阪市中央区 ]

コラム

 公開日: 2016-02-05 

補助金活用の前に知っておきたいお金の流れ

今年も3月くらいから補助金の公募が始まります。

小規模事業主、これから起業しようと思っている人に活用しやすい補助金は次の補助金です。
・小規模事業者持続化補助金
・創業補助金
・ものづくり補助金

(その他、各市町村で独自の補助金を用意されている所もありますので、地元の起業支援窓口とは親しくしておかれることをオススメします。)

国からお金がもらえる!ラッキー!という話ではない

補助金というと、国からお金がもらえるので、もらわないと損というイメージを持たれる方もいらっしゃいますが、そんな簡単な話ではありません。

大まかな補助金の流れは次のようになっています。

補助金の流れ

採択されるまで


まず、応募書類を作成して応募します。
審査が終わり、無事に採択されて、その後に、補助額が正式に決まります。
こちらが応募した時の希望金額よりも補助額が小さくなることもあります。

例えば、弊社の場合、電子書籍のわくらく出版立ち上げについて補助金を申請しました。
使用する経費の中に 「Kindle電子書籍リーダー(電子書籍専用の端末)」購入を予定していました。

補助金の採択が決まった後に「Kindle電子書籍リーダーの購入は補助対象外」という知らせが届き、経費から削られました。(当初の予定額からその分、減額されました。)

計画を実施

補助額が決定したら、応募した計画を実施します。
注意しないといけないのが、補助額決定の通知が来てから全ての物事を進めるということです。

弊社の場合は5月31日付けで通知が届きました。

わくらく出版のホームページ、チラシの打ち合わせ、作成、各種セミナーの開催は6月に入ってから始めました。

もう一つ、注意するのが完了する日が決まっていること。
弊社の場合は10月末までに完了させる必要がありました。

言い方を変えると、通知が届いてから10月末までにかかった経費は補助対象になります。
10月末に間に合わなかった分(支払いが終了していない分)は補助対象になりません。

期間が決まっているので、必死で間に合わせようと集中的に取り組むことができるというのも、補助金の効果です。

報告書提出

事業が終わったら、報告書提出です。
この報告書が認められて、無事に補助金を受け取ることができます。

国のお金を使うわけですから、不正が無いように、報告書には色々な添付書類が求められます。
事業を行う時点で、報告書の事も考えながら用意しておく必要があります。
あっ、あの書類がない!なんてことになっても取り返すことができませんから。

例えば
・ホームページ、チラシなどの作成
 見積書、発注書、納品書、請求書、支払いを証明するものなど
・セミナー開催
 会場までの交通費をwebで検索した結果、セミナー風景の写真、会場費領収書など

セミナーの写真などは、当日はバタバタしていて忘れていたこともありました。
後で、参加された方がFBに上げてくださっていたのを使わせてもらいました。
(FBがあって良かった・・・)

事務局から報告書作成マニュアルをいただき、それを必死に読みながら作成したのですが、私の場合は細かいモレがいくつかあり、書類再提出が2回ありました。

11月頭に報告書を提出し、12月、1月に再提出の案内が届き、報告書のチェックが完了したのは1月25日でした。
入金は2月末くらいでしょうか???
(2月上旬の時点でまだ入金されていません。)

参考までに弊社が2015年に電子書籍のわくらく出版事業で採択された時の事例です。
弊社の事例

全額が補助されるわけではなく、立替払も発生する

補助金を考える上で気をつけて欲しいのが次の2つです。

1)全額が補助されるわけではない
補助されるのは使った金額の3分の2だったり2分の1だったりします。
小規模事業者持続化補助金の場合は、75万円使って50万円が補助されるという形です。
(使った額の3分の2)

2)立替払が発生する
上の図で示しましたように、先に事業を行って使った経費を報告し、チェックを受けて補助金が支払われます。
お金を使ってから補助金が入るまでに半年以上かかることもあります。
立替払の資金をどうするのかも考えておきましょう。

補助金は、単にお金がもらえるという気持ちではなく、以前から取り組みたかった事、形にしたかったことを補助金を活用して弾みをつけようという気持ちで取り組むと良いですね!

商工会議所、各種行政窓口で相談会が開催されることも多いので、うまく活用してください。

この記事を書いたプロ

有限会社パワーエンハンスメント/女性起業家ネットワーク「わくらく」 [ホームページ]

三根早苗

大阪府大阪市中央区南船場2-4-19 大和ビル16号館307・308号 事務局は313号室です。お越しの際は313号室にお声かけください。 [地図]
TEL:06-6264-5030

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

18

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス内容・料金

1.女性起業家ネットワークわくらく (有料会員制グループ)2.事業コンサルティング3.起業塾4.企業向け事業コンサルティング

わくらく入会の流れ
コンサルティング風景

女性起業家ネットワークわくらくでは200名の会員さんが情報交換やビジネスマッチングを通して、ご自身の事業を広げておられます。ただ単に仕事のことを相談するだけ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
三根早苗 みねさなえ

起業する女性をサポートします(1/3)

 自分の技術や知識を生かして自分らしく生きたいのに踏み出す勇気がなくて起業することができない女性がたくさんおられます。例えばお菓子教室を開きたいと思っていても「でも、生徒が集まらなかったらどうしよう」と考え込んでしまい、立ち止まってしまう方...

三根早苗プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

800件の起業成功事例があり経験が豊富

会社名 : 有限会社パワーエンハンスメント/女性起業家ネットワーク「わくらく」
住所 : 大阪府大阪市中央区南船場2-4-19 大和ビル16号館307・308号 [地図]
事務局は313号室です。お越しの際は313号室にお声かけください。
TEL : 06-6264-5030

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6264-5030

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三根早苗(みねさなえ)

有限会社パワーエンハンスメント/女性起業家ネットワーク「わくらく」

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

私はこれで食べていける!と確信が持てました

営業経験も経営知識も資金すらないなか、思い込みだけで独立...

向井ちか
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(15

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
数字に弱い女性におすすめの入門書

経営では避けて通れない数字の話。私が主催するわくらく起業塾でもみっちりとお伝えします。固定費、変動費...

[ 女性起業家のお金 ]

夢や目標は一人では広げられない
イメージ

小規模事業者持続化補助金の募集が始まったり、ビジネスプランコンテストの募集が続いたりで、事業計画を見せても...

[ 女性起業家 心構え ]

応援者を増やすにはストーリーをつくる
イメージ

女性の起業支援制度が充実しています。各自治体も開業資金や広報協力、起業セミナーなど様々な支援を用意されて...

[ 女性起業家のプロモーション ]

小規模事業者持続化補助金の募集が始まりました!
イメージ

小規模事業者の販路開拓に活用出来る補助金 小規模事業者持続化補助金の募集が始まりました。今回の締切は1月...

[ 女性起業家のお金 ]

事業でお金をかけるタイミング
イメージ

女性の起業では「小さく産んで大きく育てる事業スタイル」を提案していますが、タイミングによっては資金を投入し...

[ 女性起業家のお金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ