コラム

 公開日: 2015-08-08  最終更新日: 2016-12-14

スタッフが主体的に動く職場に変えるには?

やる気のあるスタッフさんが、主体的にやりたいことを提案し、チャレンジしました。
しかし、何らかの理由で失敗してしまいます。
店長さんが期待した通りの結果になりませんでした。
そのときに店長さんがどのように対応するか、それによって職場は大きく変わってきます。

もし店長さんが、期待通りの結果にならなかったことばかり追及すると、どうなるでしょうか。
「なんだ。自分からやりたいと言ったからやらせたのに、結果がこれか?」

チャレンジしたスタッフは「やらなきゃよかった」と後悔し、
「言われたことを無難にこなした方がいい」と思うことでしょう。
しかも、影響範囲はチャレンジしたスタッフ本人だけにとどまりません。
そういう話は、他のスタッフにも伝わります。
職場に「私はやらなくてよかった」「言われたことだけやった方がいいよ」という空気が広がるのです。

「うちのスタッフは、主体的に動こうとしない」
と言いながら、実は店長さん自身がそのような職場をつくっている、そのような職場は多く見られます。
残念ながら、そのことに店長さんが気づかなければ、いつまでも状況は変わりません。

しかし、そのことに店長さんが気づけば、職場を変えていくことができます。

結果としては期待通りでなくても、チャレンジしたことに対しては、ほめる。
「初めての取組で大変だったと思うけど、よく頑張ったな」
「結果としては残念だったけど、いろいろ気づいたこともあるよな」
「次やるときは、どうすればいいと思う?」
「今回気づいたこと、次に活かしていこうな」
失敗したけど、主体的に動き、チャレンジしたから成長できた、とスタッフが受けとめられるよう促す。
そしてスタッフが、気づいたことを活かしながら、チャレンジを繰り返せば、
いずれ成功体験も得ることができるでしょう。

多くの店長さんは「自分の期待以上にできたとき」に「ほめる」ことはできます。
ただ、それだと、やる気を育てる機会は限られてしまいます。
期待通りの結果でないことは受けとめつつも、主体的に動いたことをほめる。
スタッフが主体的に動く職場に変えることができるかどうか、それは店長さん次第です。

<関連コラム(こちらも合わせてご覧ください)>
「ほめる」と「甘やかす」との効果の違い
「ほめる」タイミングを逃したら?
反対意見についカッとしてしまう、そんな自分を卒業するには?
「常識・当然」「勝手・余計」部下の主体性を奪う上司の口癖
【セミナー実施】「自分でやる方が早い」から抜け出すための部下との関わり方

この記事を書いたプロ

ダブルスマイル [ホームページ]

経営コンサルタント 津留健治

大阪府大阪市阿倍野区文の里2-11-21-706 [地図]
TEL:090-1489-7822

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
研修のご依頼
リーダー研修メニュー

ダブルスマイルのリーダー研修・店長研修・従業員研修で、主体的に考え行動できる人材を育ててみませんか?オーダーメイド研修では、経営者の思いを、受講対象者の状...

個人のご相談

部下との対応で、相談相手がいない、そんなリーダーのための、メール相談サービスです。メールで相談頂ければ、あなたの状況に合わせて、メールで回答いたします。...

 
このプロの紹介記事
経営者の悩み解消のノウハウを語る津留健治さん

ビジネスコーチングで飲食店の店長の育成(1/3)

 業績好調で2店舗、3店舗と出店を考えたとき、「任せることができる店長がいない」。多くの経営者が持つ悩みです。そんな悩みをダブルスマイル代表の津留健治さんがビジネスコーチングで解消してくれます。津留さんによると、経営者の店長に対する主な悩み...

津留健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

豊富な経験と成果にこだわるコーチングで気づきと変化を促す

会社名 : ダブルスマイル
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区文の里2-11-21-706 [地図]
TEL : 090-1489-7822

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1489-7822

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津留健治(つるけんじ)

ダブルスマイル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
部下のためを思って厳しく接した、上司の親心が、通じない理由

良かれと思ってやった、上司の親心が、部下に届かない。そのようなこと、ありませんか?昔、自分が厳しく育...

[ 人材育成 ]

主体的に提案してくれるスタッフを育てるブレインストーミング風の接し方
イメージ

「面白い取り組みしてますね」「ああ、これ、うちのスタッフのアイデアなんですよ」他社や他部署のスタッフ...

[ 人材育成 ]

スタッフの主体性をいかす、組織の「方針」の立て方と使い方

2017年になりましたね。年の始めに、組織の「方針」を立てたリーダーも、いるのではないでしょうか?適切な...

[ 人材育成 ]

新人スタッフの早期離職を防止する「自己紹介シート」

人手不足に悩む職場が増えています。飲食業など、業種によっては、求人を出しても、そもそも応募が少ない現状で...

[ 人材育成 ]

短期間で、経験不足の人を育成し、戦力化する必要に迫られたら?

採用や育成、計画的にできるに越したことはありません。しかし、現実には、そうもいかないものです。「今月...

[ 人材育成 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ