コラム

 公開日: 2015-08-13 

やる気があがる2段階の目標設定

スタッフに対する目標設定は、やる気をあげることもあれば、下げることもあります。

例えば、目標を達成したかどうかを、重視しすぎた職場があります。
達成したかどうかで評価が決まるため、達成が難しい意欲的な目標を立てると、自分が損をします。
そのため、意欲的な目標は立てなくなり、無難な目標が目立つようになりました。
売り上げを5%くらいアップできそうだと思ったら、「売り上げを10%アップ」とは言わず、いろいろと困難な理由をつけて「売り上げを2%アップ」を目標にするのです。

また、頑張りすぎると、次の目標設定が厳しくなるため、目標を大きく超えることも、避けるようになってきました。
10%経費カットを目標にしていて、このまま頑張れば20%経費カットできそうとなったら、経費を増やして、12%経費カットくらいに抑えるのです。

目標を達成したかどうかを重視しすぎると、目的を見失い、やる気は下がり、組織としての成果は下がります。

そこでおすすめしたいのが、「必達目標」と「チャレンジ目標」の2段階の目標設定です。

「必達目標」は、対象となるスタッフにとって、達成できると見通しが立てられる目標。
あるいは、会社や職場にとって、最低限これができないと困るという目標。
「チャレンジ目標」は、うまくいくかどうか不確実なことも含めて、すべてうまくいったときにようやく到達できる目標。
できるかどうか五分五分の実施項目もあれば、達成できる可能性は数%くらいと感じる難しい実施項目もあるでしょう。
理想的な姿をイメージしたり、達成は難しいけど、やる価値があることにチャレンジしたり、想定外のマイナス要因に備えたりすることができます。

例えば、売り上げ2倍をチャレンジ目標として、いろいろな実施項目を考える。
うまくいくものもあれば、うまくいかないものもある。
結果として、売り上げ30%アップとなったりします。
でも、最初から達成できることが見えている実施項目しか考えなければ、30%アップは難しいでしょう。

スタッフに対する安心感の確保とチャレンジ意欲の両立が、組織の成果アップにつながります。
「必達目標」と「チャレンジ目標」の2段階の目標設定を試してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたプロ

ダブルスマイル [ホームページ]

経営コンサルタント 津留健治

大阪府大阪市阿倍野区文の里2-11-21-706 [地図]
TEL:090-1489-7822

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
研修のご依頼
リーダー研修メニュー

ダブルスマイルのリーダー研修・店長研修・従業員研修で、主体的に考え行動できる人材を育ててみませんか?オーダーメイド研修では、経営者の思いを、受講対象者の状...

コーチングのご依頼

ダブルスマイルのビジネスコーチングで、あなたのやりたいこと、具現化しませんか?<お客様の声(一例)>「チラシを見直し 顧問契約が6件 増えました」 (40代...

 
このプロの紹介記事
経営者の悩み解消のノウハウを語る津留健治さん

ビジネスコーチングで飲食店の店長の育成(1/3)

 業績好調で2店舗、3店舗と出店を考えたとき、「任せることができる店長がいない」。多くの経営者が持つ悩みです。そんな悩みをダブルスマイル代表の津留健治さんがビジネスコーチングで解消してくれます。津留さんによると、経営者の店長に対する主な悩み...

津留健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

豊富な経験と成果にこだわるコーチングで気づきと変化を促す

会社名 : ダブルスマイル
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区文の里2-11-21-706 [地図]
TEL : 090-1489-7822

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1489-7822

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津留健治(つるけんじ)

ダブルスマイル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【セミナー実施】「自分でやる方が早い」から抜け出すための部下との関わり方
イメージ

昨日は、こちらのセミナー・イベント情報でもご案内させて頂いた、 「自分でやる方が早い」から抜け出すための...

[ 研修紹介 ]

【動画講座】面接や接客などで意識したい非言語コミュニケーション

面接や接客など、初対面に近い相手と接する場面では、誤解されることもよくあります。たかが誤解、と思われが...

[ 研修紹介 ]

スタッフの定着が課題の組織で採用面接の際の応募者への質問

飲食業や小売業など、年々人手不足が深刻化しています。いかに戦力となるスタッフを育て、定着を図るか、共通の...

[ 人材育成 ]

人材育成に取り組みたいが、あまりコストをかけられないときは?

「なかなか優秀な人材を集められない」という悩みを持つ中小企業の経営者は多いかと思います。だからこそ、今の...

[ 人材育成 ]

【研修実施】「コンプライアンス」~思わぬ不祥事を防ぐために~
イメージ

ツイッターやフェイスブック、ブログなど、ソーシャルメディアの発達によって、いつでも会社が不祥事に巻き込まれ...

[ 研修紹介 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ