コラム

 公開日: 2015-08-21 

「自分を責めるだけ」の反省はいらない

反省には、今後につながる反省と、つながらない反省があります。

今後につながらない反省の典型的なもの、それは、自分を責めるだけの反省。
「自分は根性が足りない」
「自分は何をやってもうまくいかない」
「自分はこんなことも分からない」

こんな反省を繰り返していると、
「自分はダメな奴」
と、催眠術のように、何度も自分が自分に言い聞かせることになります。
そして、自ら「自信」を失い、本来できることであっても、簡単にあきらめてしまうようになりがちです。

また、「どうすれば次は改善できるか」を考えることなく、反省した気になってしまうことも、自分を責めるだけの反省の大きな問題点です。

実際に、「どうすれば次は改善できるか」を考えるのは、大変なことです。
自分の内面を深く見つめなおす必要があるかもしれませんし、誰かに協力をお願いしないといけないかもしれません。
そんなことをせず、「自分はダメだ」と自分を責めるだけで終わることができれば、ある意味、楽なのかもしれません。
でも、「どうすれば次は改善できるか」を考えなければ、同じことの繰り返しになる可能性が大きくなります。

反省するときに、自分を責めるなんていらない。
反省は、今後につなげるために。
これまでの結果を踏まえて「どうすれば次は改善できるか」に集中できれば、現状を変えていくことができるでしょう。

この記事を書いたプロ

ダブルスマイル [ホームページ]

経営コンサルタント 津留健治

大阪府大阪市阿倍野区文の里2-11-21-706 [地図]
TEL:090-1489-7822

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
研修のご依頼
リーダー研修メニュー

ダブルスマイルのリーダー研修・店長研修・従業員研修で、主体的に考え行動できる人材を育ててみませんか?オーダーメイド研修では、経営者の思いを、受講対象者の状...

個人のご相談

部下との対応で、相談相手がいない、そんなリーダーのための、メール相談サービスです。メールで相談頂ければ、あなたの状況に合わせて、メールで回答いたします。...

 
このプロの紹介記事
経営者の悩み解消のノウハウを語る津留健治さん

ビジネスコーチングで飲食店の店長の育成(1/3)

 業績好調で2店舗、3店舗と出店を考えたとき、「任せることができる店長がいない」。多くの経営者が持つ悩みです。そんな悩みをダブルスマイル代表の津留健治さんがビジネスコーチングで解消してくれます。津留さんによると、経営者の店長に対する主な悩み...

津留健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

豊富な経験と成果にこだわるコーチングで気づきと変化を促す

会社名 : ダブルスマイル
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区文の里2-11-21-706 [地図]
TEL : 090-1489-7822

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1489-7822

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津留健治(つるけんじ)

ダブルスマイル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
部下のためを思って厳しく接した、上司の親心が、通じない理由

良かれと思ってやった、上司の親心が、部下に届かない。そのようなこと、ありませんか?昔、自分が厳しく育...

[ 人材育成 ]

主体的に提案してくれるスタッフを育てるブレインストーミング風の接し方
イメージ

「面白い取り組みしてますね」「ああ、これ、うちのスタッフのアイデアなんですよ」他社や他部署のスタッフ...

[ 人材育成 ]

スタッフの主体性をいかす、組織の「方針」の立て方と使い方

2017年になりましたね。年の始めに、組織の「方針」を立てたリーダーも、いるのではないでしょうか?適切な...

[ 人材育成 ]

新人スタッフの早期離職を防止する「自己紹介シート」

人手不足に悩む職場が増えています。飲食業など、業種によっては、求人を出しても、そもそも応募が少ない現状で...

[ 人材育成 ]

短期間で、経験不足の人を育成し、戦力化する必要に迫られたら?

採用や育成、計画的にできるに越したことはありません。しかし、現実には、そうもいかないものです。「今月...

[ 人材育成 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ