コラム

 公開日: 2016-06-08  最終更新日: 2016-06-09

ビジネスコーチングは一般的な相談と何が違うのか?

なかなか解決できない問題がある。相談相手に困ったときは、「ビジネスコーチング」を試してみてはいかがでしょうか。ビジネスコーチングが、一般的な相談と何が違うか。それは、話の聞き方、解決策の決め方です。

問題の本質に気づくかどうかは、誰の視点で話を聞くかで決まる


例えば、あなたが友人に相談するとします。多くの場合、友人は、友人自身の視点であなたの話を聞きます。
「大変だね」「それでいいと思うよ」「私もそう思う」「それはその人が悪いよ」
友人に話を聞いてもらって、分かってもらえて、少しすっきりします。
しかし、後日、同じような問題が繰り返されます。
なぜなら、話をしてすっきりしても、根本的には何も解決していないからです。

それに対して、ビジネスコーチングでは、あなたの視点であなたの話を聞きます。
「大変なんですね?」「大変だと感じているのは、こういうことですか?」「最近特に大変になってきたのですか?」「以前はどうでした?」「その頃と何が変わったのでしょう?」「では、このようになったら、どう思いますか?」
あなたの話したくなるペースに合わせながら、このようなことを確認していきます。
あなたの話を聞いて、分かった気にならずに、あなたの周りでどんなことが起こっているのか、あなたが何に対してどう感じているのか、理解しようと聞くのです。

この聞き方には、技術や経験が必要です。なぜなら、やみくもに何でも詳しく聞いていたら、いくら時間があっても足りないからです。聞かれる人も、やみくもに聞かれると、しんどくなったり、気が散ったりして、問題の本質から離れてしまいます。どこがその人が気になっているところか、どこが問題のポイントか、どこを聞けば解決へのヒントが見つかるか、それらを見極めながら聞くには、話を聞く技術だけでなく、様々なタイプの方の話を聞いてきた経験も必要です。話を聞きながら、いろいろな可能性を考えるため、頭もフル回転で、話を聞く持久力も必要です。

だからこそ、この聞き方の違いで、あなた自身にも、見えてくるものがあります。
あなた自身が、本当は何を求めているのか、今まで無意識のところにあった問題の本質が、見えてくるのです。

問題解決に取り組めるかどうかは、誰の視点で解決策を決めるかで


そして、解決策の決め方にも、違いがあります。

例えば、あなたが友人に相談した場合、最後にアドバイスを受けることが多いのではないでしょうか。
「そのままでいいと思うよ」「こうした方がいいんじゃない」「やめた方がいいよ」
友人は友人の視点でアドバイスをします。もちろん、そのアドバイスでうまくいくこともあるでしょう。

一方で、友人にアドバイスをもらうと、気を遣うことも多いのではないでしょうか。
「それは私には合わないんじゃないかな」と思ったり、アドバイス通りしないと「相手が気を悪くするんじゃないか」と納得しないまま取り組んだり、なかなか自分の状況を説明してもわかってもらえず「やっぱりあの人じゃ、私のこと分かってもらえない」とあきらめたり。

それに対し、ビジネスコーチングでは、基本的にアドバイスはしません。
なぜなら、アドバイスには限界があるからです。深い問題であればあるほど、第三者のアドバイスをそのまま解決策にしても、うまくいかないことが多かったりします。

アドバイスされる方に的確な判断力があったとしても、その人に必要な情報が漏れなく正しく伝わっていなければ、判断を間違うことがあります。
例えば、友人など、相手と親しければ「相手にこう思われたくない」と思ったり、上司など、相手と利害関係があれば「相手にこう思われると損だ」と思ったり、悪気はなくとも身近な人には率直に言えないこともあります。また、本人が当たり前と思っていることは、わざわざ伝えないことも多いでしょう。そして、そのような「言えない」「言わない」ところに、問題の本質があったりします。

ビジネスコーチングでは、基本的にアドバイスはしません。しかし、しっかりと問題の本質に向き合うと、自分自身で解決策を見つけることも多々あります。また、そうでないときも、ビジネスコーチから選択肢を提示されることで、自分自身で解決策を選ぶことができます。
「例えば、そういうときは、こういう方法もあるかと思いますが、どう思いますか?」「何か気がかりだったりします?」「そういうことなら、この方法だったらどうですか?」
そうやって、一緒にあなたに合った解決策を探していきます。

問題解決のために、実際に取り組めるのは、あなた自身です。
ある人にとって取り組みやすい解決策が、あなたにとって取り組みにくい方法であることも、よくあります。だからこそ、あなたが取り組みたくなるかどうか、あなたの視点で解決策を決めることが大切なのです。

相談相手に困ったときの「ビジネスコーチング」


私も、ビジネスコーチングを受けていただいた結果、
「今まで、もやもやしていたのが、スッキリしました」
「まず何をやったらいいか、見えてきました」
と笑顔で帰る姿を、何度も見てきました。

そして、数週間から数か月の間に、
「新規のお客さまが3倍に増えました」
「スタッフの反応が変わってきました」
と、具体的な成果につながったというお話を、よく頂いてます。

このように、ビジネスコーチングには、一般的な相談と異なり、あなたの視点で問題の本質をつかみ、あなた自身が取り組みたいと思える解決策を探していくため、これまで悩んでいたことが解決されることがよくあります。

有名な物理学者のアインシュタインは、こういう言葉を残しています。
「ある問題を引き起こしたのと同じマインドセット(経験・教育・先入観などから形成される思考の枠組み)のままで、その問題を解決することはできない」

相談相手に困ったときは、「ビジネスコーチング」を試してみてはいかがでしょうか。きっと、これまでとは違った解決策が、見えてくるかと思います。

2016年6月の「ビジネスコーチング」のご予約状況


なお、ダブルスマイルでのビジネスコーチングについては、現時点で、以下の日程がご予約可能です。
場所は、大阪天王寺周辺、または、ご希望の場所をお伝えください。
6月9日(木)午後1件、夜1件
6月14日(火)午後1件、夜1件
6月22日(水)午後1件、夜1件
お問い合わせは、メールまたは電話(研修など接客中のこともございますので、留守電にてお名前と連絡先、ご用件をお伝えください)にてお願いします。

詳しくはこちら。
ダブルスマイルのビジネスコーチングのご案内

この記事を書いたプロ

ダブルスマイル [ホームページ]

経営コンサルタント 津留健治

大阪府大阪市阿倍野区文の里2-11-21-706 [地図]
TEL:090-1489-7822

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
研修のご依頼
リーダー研修メニュー

ダブルスマイルのリーダー研修・店長研修・従業員研修で、主体的に考え行動できる人材を育ててみませんか?オーダーメイド研修では、経営者の思いを、受講対象者の状...

個人のご相談

部下との対応で、相談相手がいない、そんなリーダーのための、メール相談サービスです。メールで相談頂ければ、あなたの状況に合わせて、メールで回答いたします。...

 
このプロの紹介記事
経営者の悩み解消のノウハウを語る津留健治さん

ビジネスコーチングで飲食店の店長の育成(1/3)

 業績好調で2店舗、3店舗と出店を考えたとき、「任せることができる店長がいない」。多くの経営者が持つ悩みです。そんな悩みをダブルスマイル代表の津留健治さんがビジネスコーチングで解消してくれます。津留さんによると、経営者の店長に対する主な悩み...

津留健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

豊富な経験と成果にこだわるコーチングで気づきと変化を促す

会社名 : ダブルスマイル
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区文の里2-11-21-706 [地図]
TEL : 090-1489-7822

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1489-7822

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津留健治(つるけんじ)

ダブルスマイル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
主体的に提案してくれるスタッフを育てるブレインストーミング風の接し方
イメージ

「面白い取り組みしてますね」「ああ、これ、うちのスタッフのアイデアなんですよ」他社や他部署のスタッフ...

[ 人材育成 ]

スタッフの主体性をいかす、組織の「方針」の立て方と使い方

2017年になりましたね。年の始めに、組織の「方針」を立てたリーダーも、いるのではないでしょうか?適切な...

[ 人材育成 ]

新人スタッフの早期離職を防止する「自己紹介シート」

人手不足に悩む職場が増えています。飲食業など、業種によっては、求人を出しても、そもそも応募が少ない現状で...

[ 人材育成 ]

短期間で、経験不足の人を育成し、戦力化する必要に迫られたら?

採用や育成、計画的にできるに越したことはありません。しかし、現実には、そうもいかないものです。「今月...

[ 人材育成 ]

「常識・当然」「勝手・余計」部下の主体性を奪う上司の口癖
イメージ

なかなか自分から動こうとしない、指示待ち部下に悩んでいる上司は多いものです。上司が部下に、やることを事細...

[ 人材育成 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ