コラム

 公開日: 2016-09-07 

人材育成における「教える」と「育てる」の違いとは?

「教える」とは「相手に身につけさせるように導く」こと


「教える」という言葉には、主に2種類の意味があります。
・「数学を教える」のように「知識やスキルを相手に身につけさせるように導く」
・「道を教える」のように「知っていることを相手に告げ知らせる」

人材育成においては、「教える」の意味を
「相手に身につけさせるように導く」
と捉えると、教え方の幅が広がり、効果に目を向けることができます。

例えば、「身につけさせるように導く」ためには、時として「教えない」という選択肢もありえます。
まず自分なりに考えてやって頂いて、わかっているつもりだったことに、気づかせようとすることもあるでしょう。
また、自分が知らないことを「教える」ことも、考えることができるでしょう。

会社では、日々の仕事をして頂くために必要なことが、「教える」ことです。

「育てる」とは「相手が成長するように導く」こと


一方で、「育てる」とは、日々の仕事より、もっと長期的な視点で捉えます。

「育てる」とは
「相手が成長するように導く」
ことです。

1年後には、こんな人になりたい。
3年後には、こんな人になりたい。

「育てる」とは「なりたい姿」「ありたい姿」に向け、「成長する」ように、力を尽くすことです。

「なりたい姿」「ありたい姿」というのは、相手の思いです。
「私は将来独立したいので、繁華街のお店や、住宅街のお店など、様々な環境の経験を積みたい」
「私は、POPづくりが好きなので、お客様に響くPOPづくりを追求していきたい」
など、人によって、多様な思いがあるでしょう。

一方で、会社として、上司として、こうなってほしい、こうあってほしい、という思いもあるかと思います。
両者の方向性が同じであれば、仕事へのやりがいは増すでしょう。
両者の方向性が大きく違っていれば、別の会社を選んだほうが幸せかもしれません。

したがって、「育てる」には、思いを共有することが大切です。

ただし、仕事の経験が少ないうちは、「なりたい姿」「ありたい姿」のイメージをなかなか持てないかもしれません。
その場合は、「なりたい姿」「ありたい姿」のイメージを持てるように、いろいろな機会をつくるのもいいでしょう。
上司がいきいきと働いていれば、上司のようになりたいと感じるかもしれません。

また、新たな経験によって、「なりたい姿」「ありたい姿」が変わることもあります。
したがって、半年に1回とか、経験の少ないうちは、1~3か月に1回とか、定期的に思いを共有するのがよいでしょう。

「教える」「育てる」選択肢を広げ、効果を伸ばすために


「教える」と「育てる」の違いについては、別の捉え方(「教える=理解させる」「育てる=身につけさせる」)もあります。
しかし、そのように捉えると、「こうなりたい」「こうありたい」と、主体性を伸ばす場づくりがおろそかになりがちです。
人材育成においては、「教える=身につけさせるように導く」「育てる=成長させるように導く」と捉えると、「教え方」「育て方」の選択肢も広がり、効果も伸びるでしょう。

なお、弊社ダブルスマイルの人材育成研修は、上記の「教える」「育てる」の考え方をもとに、構成しております。
今すぐ実践できるアイデアを身につけつつ、スタッフの主体性を伸ばす
そのような研修を検討されている方は、お問い合わせください。

この記事を書いたプロ

ダブルスマイル [ホームページ]

経営コンサルタント 津留健治

大阪府大阪市阿倍野区文の里2-11-21-706 [地図]
TEL:090-1489-7822

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
研修のご依頼
リーダー研修メニュー

ダブルスマイルのリーダー研修・店長研修・従業員研修で、主体的に考え行動できる人材を育ててみませんか?オーダーメイド研修では、経営者の思いを、受講対象者の状...

個人のご相談

部下との対応で、相談相手がいない、そんなリーダーのための、メール相談サービスです。メールで相談頂ければ、あなたの状況に合わせて、メールで回答いたします。...

 
このプロの紹介記事
経営者の悩み解消のノウハウを語る津留健治さん

ビジネスコーチングで飲食店の店長の育成(1/3)

 業績好調で2店舗、3店舗と出店を考えたとき、「任せることができる店長がいない」。多くの経営者が持つ悩みです。そんな悩みをダブルスマイル代表の津留健治さんがビジネスコーチングで解消してくれます。津留さんによると、経営者の店長に対する主な悩み...

津留健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

豊富な経験と成果にこだわるコーチングで気づきと変化を促す

会社名 : ダブルスマイル
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区文の里2-11-21-706 [地図]
TEL : 090-1489-7822

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1489-7822

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津留健治(つるけんじ)

ダブルスマイル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
中小企業でも、社内研修って必要?どんな効果があるの?

「うちは少人数だから、研修なんかやってる余裕ないし、現場で教えたら十分」「まぁ、やれるに越したことないけ...

[ 人材育成 ]

部下のためを思って厳しく接した、上司の親心が、通じない理由

良かれと思ってやった、上司の親心が、部下に届かない。そのようなこと、ありませんか?昔、自分が厳しく育...

[ 人材育成 ]

主体的に提案してくれるスタッフを育てるブレインストーミング風の接し方
イメージ

「面白い取り組みしてますね」「ああ、これ、うちのスタッフのアイデアなんですよ」他社や他部署のスタッフ...

[ 人材育成 ]

スタッフの主体性をいかす、組織の「方針」の立て方と使い方

2017年になりましたね。年の始めに、組織の「方針」を立てたリーダーも、いるのではないでしょうか?適切な...

[ 人材育成 ]

新人スタッフの早期離職を防止する「自己紹介シート」

人手不足に悩む職場が増えています。飲食業など、業種によっては、求人を出しても、そもそも応募が少ない現状で...

[ 人材育成 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ