コラム

 公開日: 2017-01-12 

主体的に提案してくれるスタッフを育てるブレインストーミング風の接し方

「面白い取り組みしてますね」
「ああ、これ、うちのスタッフのアイデアなんですよ」

他社や他部署のスタッフの提案力を、うらやましく思ったこと、ありませんか?

スタッフから主体的にアイデアが出る職場には、それなりの環境が整っています。
スタッフの提案力を、育てる職場と、つぶしてしまう職場があるのです。

それでは、どのようにすれば、スタッフの提案力を育てる職場になるのでしょうか?
そのカギは、ブレインストーミングです。

あなたもブレスト風の接し方で、主体的に提案してくれるスタッフを育ててみませんか?
提案力が育つだけではなく、職場に活気が生まれ、スタッフやお客さまの笑顔が増えるでしょう。

ブレインストーミングとは?


ブレインストーミングとは、新しいアイデアを生み出すための方法の1つです。
ある問題に対して、集団でアイデアを出し合うことによって、新たなアイデアを生み出します。

ブレインストーミング

しかし、単にみんながアイデアを出し合えば、うまくいくというものではありません。
ブレインストーミングでアイデアを生み出すポイントは、次の4原則を守ることです。

●批判厳禁
誰かが、他人のアイデアを批判すると、いいアイデアが出にくくなります。
ある人にとって実現が難しいことが、別の人にとって簡単なことかもしれません。
特に、立場や年齢が上の人、経験豊富な人、自分に自信がある人は、批判しがちなので要注意です。
個人の経験や知識が邪魔をして、ありふれたアイデアしか出てきません。
批判されないという安心感が、自由な発想を促し、多くの発想を生み出します。

●自由奔放
昔はただで当たり前だったお茶や水も、今は当たり前のように有料で売られています。
iPhone発表当初、日本ではiPhoneは売れない、と多くの専門家が語っていました。
いいアイデアが、当初、多くの人に受け入れられなかったことは、よくあります。
誰もが認めるアイデアだけでなく、奇抜なアイデアを受けとめることが大切です。

●質より量
いいアイデアを出そうとすると、発言しにくくなります。
結果、みんなが認めそうな、ありふれたアイデアしか出てこなくなります。
「最低100個アイデアを出そう」など、新しいアイデアを生み出すには、まず量を求めるのが効果的です。

●結合改善
他人の意見を聞いて、連想したり、一部変えたりして、自分の意見として発言します。
他人の意見に便乗することで、新たなアイデアが誘発されます。


ポイントは、まずは量、量が十分に出てから質、という順番を徹底することです。
私たちは、ついつい、いいアイデアに絞りながら、まとめながら、アイデアを出そうとしてしまいがちです。
そうする方が効率がいいように思ってしまいますが、結果的には、ありふれたアイデアしか出なくなり、非効率です。

質の選別をしながら発想しようとしても、必ずブレーキがかかります。
アイデアを出すときは、徹底的に出す。
その後に、整理したり、選別したり、質をあげる。
「まず量、次に質」と2段階ですすめることが、いいアイデアを生み出すポイントです。

ブレインストーミング風のスタッフとの接し方


スタッフが、なかなか主体的に提案してくれない。
そのような職場の上司やスタッフに多いのが、批判です。

「それは難しい」「それは無理」
「余計なこと考える暇があったら、やることやれ」

ブレインストーミングと同じく、批判されると、アイデアは出にくくなります。
特に、上司が批判すると、影響は職場全体に広がります。
上司はひとりのスタッフに言ったつもりかもしれません。
しかし、批判された様子を見ていた周りのスタッフも、発言を控えます。

私が、提案の多い職場と、そうでない職場を見ていて、感じるのが、使っている言葉の違い。
提案の多い職場では「難しいね」ではなく「面白いね」という言葉が、よく使われています。

もちろん、最初からいい提案は出ないでしょう。
例えば、コストがかかる提案で、採用しにくい場合。
そんなときも、ブレインストーミングの「批判厳禁」を使うと、次のアイデアにつながります。
「難しい」と批判的な言葉を使わず、「面白いね」とか、「ありがとう」とか、「それ僕も気になってたんだよ」とか、提案したこと自体を認めると、いいでしょう。
そのうえで「コスト面をどうするか、が悩みなんだよね」「何かコストのかからない方法ないかな」など、提案の採用に向けての課題を伝えるといいでしょう。

スタッフひとりで解決が難しそうであれば、複数人で考えるよう促します。
「そういえば、○○さんが、以前似たようなことやってたよ」と紹介したり、「いい方法ないか、考えてみて。僕も考えてみるよ」と、自分も一緒に考えてみるのもいいでしょう。
ブレインストーミングの「結合改善」です。

日頃から、スタッフの提案をうけとめ、さらなるアイデアを促す。
そのような積み重ねが、主体的に提案してくれるスタッフを育てます。
職場に活気が生まれ、スタッフやお客さまの笑顔が増えるでしょう。


<関連コラム(こちらも合わせてご覧ください)>
「常識・当然」「勝手・余計」部下の主体性を奪う上司の口癖
スタッフが主体的に動く職場に変えるには?
【セミナー実施】「自分でやる方が早い」から抜け出すための部下との関わり方

<ダブルスマイルの関連サービス>
1月入会無料)月1.5万円で部下対応の相談し放題
リーダーのためのメール相談サービス
会社のニーズに合わせたオーダーメイド研修

この記事を書いたプロ

ダブルスマイル [ホームページ]

経営コンサルタント 津留健治

大阪府大阪市阿倍野区文の里2-11-21-706 [地図]
TEL:090-1489-7822

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
研修のご依頼
リーダー研修メニュー

ダブルスマイルのリーダー研修・店長研修・従業員研修で、主体的に考え行動できる人材を育ててみませんか?オーダーメイド研修では、経営者の思いを、受講対象者の状...

個人のご相談

部下との対応で、相談相手がいない、そんなリーダーのための、メール相談サービスです。メールで相談頂ければ、あなたの状況に合わせて、メールで回答いたします。...

 
このプロの紹介記事
経営者の悩み解消のノウハウを語る津留健治さん

ビジネスコーチングで飲食店の店長の育成(1/3)

 業績好調で2店舗、3店舗と出店を考えたとき、「任せることができる店長がいない」。多くの経営者が持つ悩みです。そんな悩みをダブルスマイル代表の津留健治さんがビジネスコーチングで解消してくれます。津留さんによると、経営者の店長に対する主な悩み...

津留健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

豊富な経験と成果にこだわるコーチングで気づきと変化を促す

会社名 : ダブルスマイル
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区文の里2-11-21-706 [地図]
TEL : 090-1489-7822

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1489-7822

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津留健治(つるけんじ)

ダブルスマイル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
部下のためを思って厳しく接した、上司の親心が、通じない理由

良かれと思ってやった、上司の親心が、部下に届かない。そのようなこと、ありませんか?昔、自分が厳しく育...

[ 人材育成 ]

スタッフの主体性をいかす、組織の「方針」の立て方と使い方

2017年になりましたね。年の始めに、組織の「方針」を立てたリーダーも、いるのではないでしょうか?適切な...

[ 人材育成 ]

新人スタッフの早期離職を防止する「自己紹介シート」

人手不足に悩む職場が増えています。飲食業など、業種によっては、求人を出しても、そもそも応募が少ない現状で...

[ 人材育成 ]

短期間で、経験不足の人を育成し、戦力化する必要に迫られたら?

採用や育成、計画的にできるに越したことはありません。しかし、現実には、そうもいかないものです。「今月...

[ 人材育成 ]

「常識・当然」「勝手・余計」部下の主体性を奪う上司の口癖
イメージ

なかなか自分から動こうとしない、指示待ち部下に悩んでいる上司は多いものです。上司が部下に、やることを事細...

[ 人材育成 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ