コラム一覧 :人材育成

1件~15件(15件)

スタッフの定着が課題の組織で採用面接の際の応募者への質問

飲食業や小売業など、年々人手不足が深刻化しています。いかに戦力となるスタッフを育て、定着を図るか、共通の課題ではないでしょうか。先日も、ご支援先の会社の採用面接に立ち会い、応募者の見極めのサポートをさせて頂きました。もちろん、基本的にはご支援先の社長様が質問するのです... 続きを読む

人材育成

2016-11-23

人材育成に取り組みたいが、あまりコストをかけられないときは?

「なかなか優秀な人材を集められない」という悩みを持つ中小企業の経営者は多いかと思います。だからこそ、今の人材を、しっかりと育て、戦力化していくことが大切です。そして、今までやってきた人材育成を、ステップアップさせるためには、外部の力は不可欠です。一方で、少しでも早く始... 続きを読む

人材育成

2016-11-14

研修での学びが、定着する会社と、定着しない会社の違いは?

「研修はうちもいろいろやってるよ。でも、どれもなかなか定着しなくて…」私が研修の相談を受けたとき、経営者様との最初の面談で、よく伺う言葉です。多くの場合、研修を受講した従業員は、「受講してよかった」という感想を持ちます。しかし、日常業務に変化が起きないことが多いの... 続きを読む

人材育成

2016-10-31

人材育成における「教える」と「育てる」の違いとは?

 「教える」とは「相手に身につけさせるように導く」こと 「教える」という言葉には、主に2種類の意味があります。・「数学を教える」のように「知識やスキルを相手に身につけさせるように導く」・「道を教える」のように「知っていることを相手に告げ知らせる」人材育成においては... 続きを読む

人材育成

2016-09-07

「忘れた!しまった!」そのときがチャンス

せっかくスタッフに教えたのに、そのスタッフが教えたことを忘れていた。そのとき、あなたはどう感じますか?「こないだ言ったのに、何度も言わせるなよ」と嘆きますか?それとも、「再度教える絶好のチャンスだ」と考えますか?人は覚えたことを忘れます。一度で言っただけで何でも覚... 続きを読む

人材育成

2015-08-24

「写真」で教えると「違い」が伝わる

あなたは、スタッフさんに教える際、「写真」を使っているでしょうか?「写真」を使うメリットの1つは、人によって受けとめ方の違うことが、具体的に伝わるようになることです。例えば、「きれいに掃除して」と一言で言っても、「きれいに」の受けとめ方は人によって違います。あるスタ... 続きを読む

人材育成

2015-08-23

教える際は事前の「予告」が効果的

スタッフさんに仕事を教える際、事前に予告すると、習得が早まり効果的です。予告する内容は2つ。「いつ何を教えるか」の予告と、「いつ教えたことを本人にやって頂くか」の予告です。なぜ「いつ何を教えるか」を予告するか?それは、スタッフさんに日頃の仕事の中で、アンテナを立て... 続きを読む

人材育成

2015-08-22

「教える」とき「教えすぎ」ていませんか?

「いつも教えているのに、なかなかできるようにならない」という場合、よくあるのが、「教えすぎ」ていることです。「教えすぎ」について、3つ紹介します。1つめは、教える量が相手にとって多すぎる場合。たくさん教えても、相手が吸収できる量には限界があります。そして、その... 続きを読む

人材育成

2015-08-20

口下手なら道具を使って伝える

自分は口下手だけど、スタッフには伝えないといけないことがある。そのようなときは、どのようにすればよいでしょうか。私自身、元々人前で話すのは苦手でした。今でこそ、研修の場で、人前で話してもそれほどあがらなくなりましたが、以前は足が震えるのが周りから見ても分かるほどでした... 続きを読む

人材育成

2015-08-19

「気持ちを込めて」が伝わらないときは?

スタッフさんに対して、「感謝の気持ちを込めて、お客さまと接するように」と言っているにもかかわらず、伝わっていないと感じる。そのようなときは、どうすれば伝わるのでしょうか?スタッフさんに対して、どんな「気持ち」で仕事をすればいいか教えても、「気持ち」で伝えるには限界が... 続きを読む

人材育成

2015-08-18

やる気があがる2段階の目標設定

スタッフに対する目標設定は、やる気をあげることもあれば、下げることもあります。例えば、目標を達成したかどうかを、重視しすぎた職場があります。達成したかどうかで評価が決まるため、達成が難しい意欲的な目標を立てると、自分が損をします。そのため、意欲的な目標は立てなくなり、... 続きを読む

人材育成

2015-08-13

「ほめる」タイミングを逃したら?

スタッフさんを「ほめる」と、自ら考えて行動するスタッフが育ちやすい。それはわかっても、現場で「ほめる」ことは難しいという声が聞かれます。「今よかったと思っても、お客さまの前でなかなかほめにくく、気がつくとほめるタイミングを失っていることがよくあります」そのような場合は... 続きを読む

人材育成

2015-08-10

スタッフが主体的に動く職場に変えるには?

やる気のあるスタッフさんが、主体的にやりたいことを提案し、チャレンジしました。しかし、何らかの理由で失敗してしまいます。店長さんが期待した通りの結果になりませんでした。そのときに店長さんがどのように対応するか、それによって職場は大きく変わってきます。もし店長さんが、... 続きを読む

人材育成

2015-08-08

「ほめる」と「甘やかす」との効果の違い

スタッフを「ほめる」ことに、抵抗がある経営者の方や店長さんもいます。「そんなに甘やかしたら、スタッフは調子に乗って困る」しかし、「ほめる」と「甘やかす」は違うのです。「甘やかす」とは、良くない状態と認識していながら、「それでいいよ」と伝えること。笑顔で接客して... 続きを読む

人材育成

2015-08-07

バイトさんが続かないとお悩みの店長さんへ

「バイトさんやパートさんを採用しても定着率が悪くて困っています」そのような悩みを、お持ちの店長さんも多いのではないでしょうか?バイトさんやパートさんの離職率を下げ、定着率をあげる、そのポイントは「ほめる」ことです。そのように話すと、次のような声が聞かれます。「ほ... 続きを読む

人材育成

2015-08-06

1件~15件(15件)

RSS
研修のご依頼
リーダー研修メニュー

ダブルスマイルのリーダー研修・店長研修・従業員研修で、主体的に考え行動できる人材を育ててみませんか?オーダーメイド研修では、経営者の思いを、受講対象者の状...

コーチングのご依頼

ダブルスマイルのビジネスコーチングで、あなたのやりたいこと、具現化しませんか?<お客様の声(一例)>「チラシを見直し 顧問契約が6件 増えました」 (40代...

 
このプロの紹介記事
経営者の悩み解消のノウハウを語る津留健治さん

ビジネスコーチングで飲食店の店長の育成(1/3)

 業績好調で2店舗、3店舗と出店を考えたとき、「任せることができる店長がいない」。多くの経営者が持つ悩みです。そんな悩みをダブルスマイル代表の津留健治さんがビジネスコーチングで解消してくれます。津留さんによると、経営者の店長に対する主な悩み...

津留健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

豊富な経験と成果にこだわるコーチングで気づきと変化を促す

会社名 : ダブルスマイル
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区文の里2-11-21-706 [地図]
TEL : 090-1489-7822

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1489-7822

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津留健治(つるけんじ)

ダブルスマイル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【セミナー実施】「自分でやる方が早い」から抜け出すための部下との関わり方
イメージ

昨日は、こちらのセミナー・イベント情報でもご案内させて頂いた、 「自分でやる方が早い」から抜け出すための...

[ 研修紹介 ]

【動画講座】面接や接客などで意識したい非言語コミュニケーション

面接や接客など、初対面に近い相手と接する場面では、誤解されることもよくあります。たかが誤解、と思われが...

[ 研修紹介 ]

スタッフの定着が課題の組織で採用面接の際の応募者への質問

飲食業や小売業など、年々人手不足が深刻化しています。いかに戦力となるスタッフを育て、定着を図るか、共通の...

[ 人材育成 ]

人材育成に取り組みたいが、あまりコストをかけられないときは?

「なかなか優秀な人材を集められない」という悩みを持つ中小企業の経営者は多いかと思います。だからこそ、今の...

[ 人材育成 ]

【研修実施】「コンプライアンス」~思わぬ不祥事を防ぐために~
イメージ

ツイッターやフェイスブック、ブログなど、ソーシャルメディアの発達によって、いつでも会社が不祥事に巻き込まれ...

[ 研修紹介 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ