知的財産権(特許、商標等)に関してアドバイスするプロ

安武健司

やすたけけんじ

アステロイドリサーチ(株)

[ 大阪市西区 ]

コラム

 公開日: 2017-03-20 

<開催報告>「技術者のためのディープラーニング入門(第3回)」

3/11(土)に表題のセミナーがNPO法人CAE懇話会主催で開催されました。

最近、将棋、碁等のゲームから自動運転などのビジネスまで幅広い分野で活用されるようになったAI(人口知能)、その基幹技術であるディープラーニングについて、講師の京都大学の尾上先生から説明を受けながら、各自が持ち込んだPCを使って、スーパーコンピューターFOCUS上のAI開発環境”TensorFlow”にログインして、プログラミング言語”Python”で書かれたディープラーニングのプログラムを走らせてみました。
実習では前回の画像認識に続いて、今回は音声認識、自然言語処理について実習し、幅広い分野のAI技術の基礎に関して理解ができました。

土曜日の開催にも関わらず、製造業の技術者を中心に25名が参加して、AI技術への関心の高さがうかがえました。
セミナーの最後には皆勤の参加者全員に「修了証」が授与されました(写真参照)。

安武が幹事を務めるCAE懇話会では引き続き、「ディープラーニング・セミナー(実践編)」を検討中ですので、詳細が決まりましたら、またアナウンスします。

くわしくはこちらを


電子書籍をAmazonで出版しました


“女性起業家のための超わかりやすい「商標」入門: ~ライバルに差をつけるための貴女のビジネスのブランディング手法~”

この記事を書いたプロ

アステロイドリサーチ(株)

安武健司

大阪府大阪市西区江戸堀1-1-11 大同生命ビル東館 [地図]
TEL:090-9995-3526

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
安武 健司(やすたけ・けんじ)さん

「知的財産」をわかりやすく解説(1/3)

 特許、実用新案、商標等の「知的財産」って、少し敷居が高くて難しいものだと思いがち。そんな企業人や個人に対し、技術者としての経験を生かし、ノウハウをアドバイスできるのが安武健司さんです。 シャープ(株)で専門的な技術開発に従事し、実験技術...

安武健司プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

知財に関して一部上場企業での長年の豊富な経験を基に助言します

会社名 : アステロイドリサーチ(株)
住所 : 大阪府大阪市西区江戸堀1-1-11 大同生命ビル東館 [地図]
TEL : 090-9995-3526

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-9995-3526

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安武健司(やすたけけんじ)

アステロイドリサーチ(株)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
<開催報告>【女性起業家のための商標入門セミナーを開催しました】
イメージ

10/17(火)に奈良のWFCで「女性起業家のための商標入門セミナー」を開催しました。本セミナーでは、「そも...

[ 商標セミナー ]

<リマインド>【10/17「女性起業家のための商標入門セミナー」を奈良のWFCで開催します】
イメージ

WFC主催の商標入門セミナーの開催が、明日10/17(火)に迫りました。奈良では初開催です。まだお席に...

[ 商標セミナー ]

<開催報告>【日本機械学会の計算力学講演会CMD2017で論文を発表しました】
イメージ

2017年9月16日に日本機械学会主催の計算力学講演会CMD2017のフォーラムにおいて、下記の表題の論文を発表しました...

[ 学会・講演会発表 ]

<開催報告>【「技術者のための特許セミナー(第2回)」を大阪で開催しました】
イメージ

2017年8月25日にNPO法人CAE懇話会の主催表題の特許セミナーを開催し、私も講師として登壇しました。昨年に引き続...

[ CAE懇話会 ]

<リマインド>【技術者のための特許セミナー(第2回)が開催されます】
イメージ

NPO法人CAE懇話会主催の表題のセミナーが、8/25(金)に新大阪で開催されます。製造業の技術者のキャリアと...

[ CAE懇話会 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ