コラム

2012-02-01

【年金生活者の方、必見!H23年度分から確定申告が不要に!】


【年金生活者の方、必見!H23年度分から確定申告が不要に!】

早いもので、もう2月ですね。

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る、とよく言われますが、本当に月日の経つのは早いものだと感じます。

2月といえば、確定申告の時期ですね。

今回から数回にわたり、【確定申告特集】として、主に平成23年度税制改正で変更になったところについてお伝えしたいと思います。



平成23年度の所得税改正で大きな変更箇所は、「年金所得者の確定申告不要制度が創設された」事でしょう。

そもそも、年金収入は確定申告書に書かれてある「収入金額等」のうち、どれに該当するのでしょうか?

答えですが、年金収入は、通常、「雑所得(公的年金等)」になります。

また、「公的年金等」にも定義があり、
国民年金なら国民年金法、厚生年金なら厚生年金保険法、また公務員の方なら国家公務員共済組合法や地方公務員等共済組合法、など、
法律の規定に基づく年金や、確定給付年金企業年金契約に基づき支給を受ける年金、などが該当します。

ですので、生命保険契約に基づく「個人年金」や、生命共済契約に基づく年金や「互助年金」などは、
公的年金等には該当せず、「雑所得(その他)」になります。

同じ雑所得でも種類により、税金の計算方法も違ってくるのです。

また、「公的年金」と名のつくものでも、障害年金と遺族年金については非課税となっています。

今回の申告分から、公的年金の年間収入が400万円以下の方で、公的年金以外の所得が20万円以下である場合には、確定申告が不要になりました! 諸般の事情により税務署に赴くことだけでも一大イベントであったり、
また確定申告が億劫だったり、面倒に感じる方にとっては朗報ではないでしょうか。

もちろん、申告すれば税金の還付が見込める方や、

医療費控除等を受けられたい方は、確定申告していただいたほうが当然ながらお得です。

なお、確定申告をする際には、「公的年金等の源泉徴収票」や「支払調書」(いずれも原本)の添付が、必要となります。

一定の金額を超える公的年金収入や民間の生命保険契約に基づく年金収入のある方については、
所得税が予め源泉徴収されていますので、その金額も合わせて精算・申告することになるためです。

(「一定の金額」とは、公的年金等については65歳未満なら108万円、
65歳以上の場合は158万円がボーダーラインとなります。)

さて今回の確定申告不要制度、なぜ公的年金の年間収入の上限が「400万円以下」と
定義づけられたのでしょうか?

これは、公的年金等に係る雑所得に係る所得税の計算方法が、
{(収入)-(必要経費=公的年金控除額など)}×5%
と、なっていることから来ているようです。

つまり、この5%と同じ所得税率が適用される課税所得金額の上限額が195万円となっているため、
これを「公的年金等の収入」に当てはめて逆算すると、収入400万円程度となるからです。

また、「公的年金以外の所得が20万円以下」の条件も、給与所得のある人の場合を念頭において決められたようです。
(会社勤めで給与をもらっている人は、給与以外の所得が年間で20万円を超えなければ
確定申告しなくてもよいことになっていますよね。)

還付申告に限っては、2/15~3/15の確定申告期間よりも早く、
年初から提出可能となっています。
(但し、税務署の相談窓口はまだ設けられてはいません)
早々にご自宅で書き上げて、税務署が混み合う前にさっさと提出するのもよいかもしれませんね!


最後に、年金収入のある方が確定申告される際に参考となるページを
掲載しますので、気になる方はダウンロードしてご利用ください。

高齢者と税(年金と税)

中川会計では確定申告の受付も開始致しております。飛び込みも大歓迎です!
お気軽にお問い合わせください!

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●貴社のご紹介をお願いします。「1社1キャラ!キャラで会社をアツくする!」をテーマに、社内の活性化・理念の共有・スタッフのモチベーションをあげてサービスを向上...

スタッフ紹介
中川会計 所内集合写真

宜しくお願いいたします。 西内 友香(ニシウチ ユカ) 相島 宏輝(アイシマ ヒロキ) 巽 勇貴(タツミ ユウキ) 市原 佐保子(イチハラ サホコ) ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
中川博史プロのご紹介
中川博史
  1. 税制改正で相続税の課税対象が変わります
  2. 税務対策の提案は様々。まずご相談ください
  3. 頼れるネットワークでワンストップサービスを提供

中川博史プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

お客様それぞれのニーズに対応した的確なアドバイス

事務所名 : 中川公認会計士税理士事務所
住所 : 大阪府大阪市中央区高麗橋4丁目5-2 高麗橋ウエストビル2F [地図]
TEL : 06-6208-6230

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6208-6230

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中川博史(なかがわひろふみ)

中川公認会計士税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マメに連絡があり、アドバイスをいただけます。

自分のブログ等を読んでくださっており、また、常にウェブな...

K
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
みんな気になる 【最低賃金の改定】
イメージ

早いもので、もう10月なんですね。 今年も残すところ3か月を切りましたが、 この時期、パートやアルバイト...

[ 社会保険・労務 ]

厚生年金の料率改定のお知らせ
イメージ

 厚生年金の料率改定のお知らせ 今年もまた、厚生年金保険料の保険料率がアップする時期が近づいて参りました...

[ 社会保険・労務 ]

知らないと損する小規模宅地税制
イメージ

こんにちは。9月も中盤にさしかかりました。 皆様お盆はゆっくり過ごすことはできたでしょうか。 寒暖...

[ 相続税関係 ]

消費税の簡易課税制度のみなし仕入れ率
イメージ

みなさんこんにちは。茹だるような暑さが続きますね。みなさんも熱中症にはくれぐれもお気を付け下さい...

[ 消費税関係 ]

【贈与するなら、効率よく!(^o^) 相続時精算課税制度について】
イメージ

こんにちは。梅雨入りしたとはいえども、なぜか晴天の日が続きますね。 そして、雨が降るときは一気にドバっ...

[ 相続税関係 ]

コラム一覧を見る

ケータイ・スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページは携帯電話、スマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能のついた携帯電話で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ