コラム

 公開日: 2012-07-04  最終更新日: 2014-05-23

【税務調査って、何をするの?…そろそろ新年度の税務調査が、はじまります!】


税務調査って、何をするの?…そろそろ新年度の税務調査が、はじまります!
前回のコラムで、少額交際費の該当要件に合わせるために故意に領収書を改ざんしたりし、それが税務調査でばれると重加算税の対象になりうる旨のお話をご紹介致しました。

その際、「税務調査って、よく聞くけど、実際何なの?何をされるの?」と、ふと疑問に思われた方もいらっしゃる事でしょう。

また、税務調査と聞くと、いわゆるマル査のような査察が入るもんだと信じていらっしゃる方も中にはおられるかもしれません。
税務調査=とても怖いもの、と先入観を持たれがちなのかもしれませんね。

今回は、「いまさら聞けない、”税務調査”の内容」などについて、お話したいと思います。

今回の税務調査の内容も、その言葉だけを聞いて妙に身構えてしまう方も多い中、少しでも興味を持っていただければと思います。

ほとんどの民間企業では4月に人事異動に関する発令がが発表・実施されますが、
国税当局に至っては、7月が定期人事異動の時期になっています。

異動が落ち着いた頃あたりから、新たに税務調査の連絡などがあり、また、実際に行われたりします。

通常、税務調査では、下記のようなプロセスを経て進められてゆきます。
まずは、

1.事前に調査を担当する職員などから、税務調査の日時などが顧問税理士や経営者本人に知らされる

2.調査実施日に、調査の対象となる年度の申告書類や帳簿等を会社の事務所などで閲覧し、確認

3.質疑応答しながらすすんでゆき、その際に申告内容に誤りが認められた場合には「修正申告に応じるような是正等」をすすめられる

4.必要に応じて、修正申告等を行う

ざっとこのようなプロセスになっています。
ところで「税務調査」と聞くと、どうにも不安な気持ちからか、ついつい身構えてしまいがちになりますよね。

調査担当の方も人間なので、妙に威圧的な態度などを取られたりすると
「ひょっとして何か、やましいことでもあるんじゃないか?」などど却って疑われたり、

また、調査がスムーズに進まなくなり、全体が険悪なムードに包まれてしまったりします。

税務調査を受ける際のポイントとしては、まずは初対面である調査当日の「挨拶」。
経営者も緊張していますが、税務担当者の方も同じぐらい緊張していることも多く、
最初の挨拶で誠実な態度で接すれば、調査担当者の方の心証もよくなります。
最初のステップでうまく進めば本題の調査もスムーズに進む可能性は高いと言えるでしょう。

また、落ち着きのない態度や不用意な発言も極力控えることが大切でしょう。

話題に出ていないことを、あえてわざわざ話す必要はないのです。
また、質問されたことに対して過剰なまでに反応する必要もありません。

雑談も調査官の方にとっては、貴重な情報源となるからです。

もし、調査担当者からの質問や発言に対し意見があれば、調査担当者の発言を最後まで聞いたうえで
毅然とした態度で理路整然と話すだけでよいのです。
その際、発言の証拠となる書類が手元にあれば、より心強いといえます。

通常、調査の連絡があってから実際に税務調査が来るまでの間には、ある程度の日数があります。

この間に調査対象となる事業年度や帳簿などを改めて確認し、
懸案事項や用意すべき資料などについて、顧問税理士の方と打ち合わせを行い
まずは不安な気持ちを落ち着かせることが必要でしょう。

中川会計では数多くのノウハウを基に、税務調査対策についても万全に行っております!
設立間もない法人や利益の出ている法人ももちろんですが、
残念ながら現状では利益の出ていない会社であっても、
消費税に関する調査が来る可能性はあると言えます。
赤字だからと言って安心はしていられないのです。

いざ税務署から連絡があってから慌てないよう、日頃から書類の保存1つにしても、
ちゃんと的確なアドバイスや対策を施してくれる会計事務所と顧問契約を結んでおき、信頼関係を深めておくべきでしょう。

他にも聞きたいことなどございましたら、ぜひお問い合わせください!

この記事を書いたプロ

税理士法人AIO(アイオー) [ホームページ]

公認会計士 中川博史

大阪府大阪市中央区高麗橋4丁目5-2 高麗橋ウエストビル2F [地図]
TEL:06-6208-6230

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お客様の声

●貴社のご紹介をお願いします。「1社1キャラ!キャラで会社をアツくする!」をテーマに、社内の活性化・理念の共有・スタッフのモチベーションをあげてサービスを向上...

スタッフ紹介
中川会計 所内集合写真

宜しくお願いいたします。 西内 友香(ニシウチ ユカ) 相島 宏輝(アイシマ ヒロキ) 林 健章(リン ケンショウ)

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中川 博史(なかがわ ひろふみ)さん

個人の税務相談から中小企業の会計支援まで丁寧に対応(1/3)

 2015年から施行される税制改正では相続税について「再分配機能の回復、格差固定化の防止、若年世代への早期資産移転」を目指すとされています。税理士法人AIOの中川博史所長は「今まで課税対象にならなかった人でも資産の内容によって相当の納税義務...

中川博史プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

お客様それぞれのニーズに対応した的確なアドバイス

事務所名 : 税理士法人AIO(アイオー)
住所 : 大阪府大阪市中央区高麗橋4丁目5-2 高麗橋ウエストビル2F [地図]
TEL : 06-6208-6230

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6208-6230

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中川博史(なかがわひろふみ)

税理士法人AIO(アイオー)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

決算前にすべてをお任せしています

中川先生は大学の先輩であることと担当STAFF様が本当に優秀と...

YS
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
確定申告しないとどうなるの?
イメージ

早いものでもう1月が終わろうとしております。ここからの注目イベントはズバリ!「確定申告」でしょう。確定申告...

[ 所得税関係 ]

新春セミナーのご案内
イメージ

いつもお世話になっております。年末が押し迫り、最後の追い込み、あいさつ回りなどおいそがしいことと思いま...

[ 相続税関係 ]

やっぱり気になる配偶者控除
イメージ

いよいよ12月になりました。紅葉が見ごろを迎えてます。皆様はどこかにお出かけされましたか?さて、今回...

[ 社会保険・労務 ]

今年も年末調整の時期が近づいてまいりました
イメージ

早いもので、もう11月中旬ですね。 朝晩の冷え込みが日に日に厳しくなってゆくこの頃ではありますが、 会社...

[ 所得税関係 ]

産経新聞に掲載しました
イメージ

今年も残すところあと2カ月になりました。事業主様は年末調整・賞与の準備に入るころでしょうか。さて、来年...

[ お知らせ  ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ