コラム

 公開日: 2012-08-01  最終更新日: 2014-05-23

【パート社員の戦力化に!! こんな奨励金が使えること、ご存知でしたか?】


【パート社員の戦力化に!! こんな奨励金が使えること、ご存知でしたか?】
一昔前に比べて、雇用における人材の移動も、だいぶ流動的になってきた感じがしますね。
サラリーマンやOLの方なら、転職の1度や2度ぐらいは経験されているのではないでしょうか?
特に女性の場合は、出産を機に、またはご主人の転勤などをきっかけに、
好むと好まざるとにかかわらず、勤めていた会社を退職されることも少なからずおありでしょう。
そして、子育ても一段落した時期に、今度はパート社員として再就職…

こんなパターンもかなり一般的になってきています。
一方、従業員を雇入れる側の事業主の方も、久しぶりの社会復帰で”やる気満々”なパート社員をぜひとも戦力化したいところでしょう。
中には、優秀なパートの方を正社員に転換させたい…。 そう思う事業主の方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、そんな方にとって朗報となる、奨励金の情報についてお話したいと思います。

パート社員を正社員として転換させたり、正社員と共通の処遇にしたりする制度を適用するとある一定の条件のもとで「奨励金」が支給されます。

奨励金の額は、大企業と中小企業とで違っており、また、中小企業の範囲も業種によって違いがあります。

例えば小売業(飲食店を含む)だと、
常時雇用する労働者が50人以下、または資本金or出資金5000万円以下、のいずれかを満たせば小企業となります。

支給対象となる事業主は、「労働保険の適用事業主」となっております。
会社の規模は問いません。つまり、労働保険に入っている事業所であることが条件となります。
奨励金を受給するためには、以下に挙げるいずれかの制度について、
「全ての事業所に適用される労働協約または就業規則」に
新たに規定されることが必要となります。

また、パートタイム労働者・有期契約労働者、両方またはいずれか一方を対象とすることが必要となります。
(なお、初めて就業規則を作成したり、また就業規則を変更した場合は、労働基準監督署へ届出をする必要があるので注意してください。
届出前に労働者へ適用した場合には、奨励金の対象にはならなくなってしまいます。)


では、どのような制度を適用すると奨励金の支給対象になるのでしょうか?
奨励金を受給するためには、下記いずれかの制度が規定されることが必要です。

1.正社員転換制度

2.共通処遇制度

3.共通教育訓練制度

4.短時間正社員制度

5.健康診断制度

順番に簡単に説明してゆきましょう。

1.の「正社員転換制度」は、わかり易く言えばパート社員・有期契約労働者→正社員へ転換する「試験制度」、になります。
ここで言う「試験」とは、面接試験や筆記試験など、ちゃんと明示されている試験のことを指します。
もちろん試験そのもの以外でも、公平な選考過程がきちんと設けられていたり、
具体的に正社員へ転換させようとする”時期”や、試験制度の”実施時期”が明確になっていることが必要です。

2.の「共通処遇制度」とは、パート社員・有期契約労働者に対し、正社員と共通の処遇制度を設けることです。

3.の「共通教育訓練制度」は、パート社員・有期契約労働者に対し、正社員と共通のカリキュラム内容・時間による教育訓練制度を設けることです。
しかし、ただ「設けた」だけではダメで、ちゃんと決められた数の対象者に実施し修了させないと該当しません。

4.の「短時間正社員制度」は、実際に”短時間正社員制度”を設けます。
ただこちらも「設けた」だけではダメなことは3.と同様で、実際に利用者が出なければ意味がありません

ここで言う「短時間正社員」ですが、定義としては、
「所定労働時間が短いが、正社員として適正な評価と公正な待遇が図られた働き方で、
期間の定めのない労働契約を締結しており、かつ、
時間当たりの基本給・賞与・退職金などの算定方法が、フルタイムの正社員と同等である」

という内容となっています。
なお、在宅にて勤務する短時間正社員制度は対象外となります。
(奨励金の対象となるための短時間正社員制度には、更にいくつかの条件が必要となります)

5.の「健康診断制度」は、パート社員・有期契約労働者に対する健康診断制度を導入することです。

こちらも導入だけではダメで、実際に延べ4人以上に実施しなくてはなりません。
なお、「健康診断制度」とは、

①雇入時健康診断、②定期健康診断、③人間ドック、④生活習慣病予防検診

のいずれかを指します。

経費については①・②については全額を、③・④については半額以上を事業主が負担することが条件となります。

この奨励金を受けるためにはいくつかの「注意すべき事項」がございます。
まず、労働協約や就業規則に導入する制度は、その制度が適用されるための「合理的な条件」が明示されていることが必要です。
この場合の「合理的な条件」とは、実施の要件や基準、手続き、また実施時期などが明確になっていること
また、客観的に確認が可能な条件(人事評価の結果や勤続年数など)であることを指します。

他にも留意事項はございます。
奨励金の詳細や具体的な適用条件・適用に当たっての注意事項などについては、
こちらの厚生労働省HPのリンクをご参照ください。

なお、この奨励金は、パート1名と正社員1名がいれば、小規模の会社でも受給出来るものとなっております。
また、雇用に関する助成金・奨励金はどうしてもハローワーク経由になってしまうものが多い中、
今回の奨励金に関しては、ハローワークを通していただく必要はございません。
パート社員の正社員化を検討されている事業主の方は、ぜひ検討されてください!

中川会計では税務のみならず、助成金や奨励金など、うまく使えれば事業主の方にとってお得になる情報も随時タイムリーに提供させていただいております。

今回の「均等待遇・正社員化推進奨励金」、もしご興味を持たれましたら、弊所所属の社会保険労務士もおりますので、まずはお問い合わせください!

この記事を書いたプロ

税理士法人AIO(アイオー) [ホームページ]

公認会計士 中川博史

大阪府大阪市中央区高麗橋4丁目5-2 高麗橋ウエストビル2F [地図]
TEL:06-6208-6230

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お客様の声

●貴社のご紹介をお願いします。「1社1キャラ!キャラで会社をアツくする!」をテーマに、社内の活性化・理念の共有・スタッフのモチベーションをあげてサービスを向上...

スタッフ紹介
中川会計 所内集合写真

宜しくお願いいたします。 西内 友香(ニシウチ ユカ) 相島 宏輝(アイシマ ヒロキ) 林 健章(リン ケンショウ)

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中川 博史(なかがわ ひろふみ)さん

個人の税務相談から中小企業の会計支援まで丁寧に対応(1/3)

 2015年から施行される税制改正では相続税について「再分配機能の回復、格差固定化の防止、若年世代への早期資産移転」を目指すとされています。税理士法人AIOの中川博史所長は「今まで課税対象にならなかった人でも資産の内容によって相当の納税義務...

中川博史プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

お客様それぞれのニーズに対応した的確なアドバイス

事務所名 : 税理士法人AIO(アイオー)
住所 : 大阪府大阪市中央区高麗橋4丁目5-2 高麗橋ウエストビル2F [地図]
TEL : 06-6208-6230

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6208-6230

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中川博史(なかがわひろふみ)

税理士法人AIO(アイオー)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マメに連絡があり、アドバイスをいただけます。

自分のブログ等を読んでくださっており、また、常にウェブな...

K
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
確定申告しないとどうなるの?
イメージ

早いものでもう1月が終わろうとしております。ここからの注目イベントはズバリ!「確定申告」でしょう。確定申告...

[ 所得税関係 ]

新春セミナーのご案内
イメージ

いつもお世話になっております。年末が押し迫り、最後の追い込み、あいさつ回りなどおいそがしいことと思いま...

[ 相続税関係 ]

やっぱり気になる配偶者控除
イメージ

いよいよ12月になりました。紅葉が見ごろを迎えてます。皆様はどこかにお出かけされましたか?さて、今回...

[ 社会保険・労務 ]

今年も年末調整の時期が近づいてまいりました
イメージ

早いもので、もう11月中旬ですね。 朝晩の冷え込みが日に日に厳しくなってゆくこの頃ではありますが、 会社...

[ 所得税関係 ]

産経新聞に掲載しました
イメージ

今年も残すところあと2カ月になりました。事業主様は年末調整・賞与の準備に入るころでしょうか。さて、来年...

[ お知らせ  ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ