コラム

 公開日: 2013-07-10  最終更新日: 2014-05-23

【今更聞けない、相続に関わる話…「小規模宅地の特例」って、何?】

参議院選挙の日が正式に公布され、街中も一気に選挙ムードに包まれはじめた感じですね。

選挙の結果次第では、国会の審議もなかなかすんなりとはゆかなくなるかもしれません。

税制改正で審議されるべき案は多岐にわたるので、選挙のゆくえは気になるところですね。

相続税についても来たるべき税制改正を睨み、巷では所有相続財産にかかる免税点を下げるための

あの手この手の方法が紹介されている最近ですが、皆様ご自身の相続対策についてはいかがでしょうか?

弊所では今までに何度か、相続税の税制改正の内容につきましてご紹介させていただきました。

(弊所の過去の税制改正コラムはコチラをクリック)

ところで新聞や雑誌などで相続絡みの記事によく見かける言葉に「小規模宅地の特例」というものがありますが

これって具体的にどんな意味をさすのか、ご存知ですか?

今回は、「なんだか今更すぎて誰かに聞くのも・・・」と思われてしまわれるのも無理もない、

「小規模宅地の特例」について、お話しさせていただきたいと思います。

中川会計では税務に関する業務はもちろん、相続に関するご相談や簡易シミュレーションも承っております。

「続きを読む」をクリックして最後までお読みいただいた方、

最後尾に”相続・無料相談キャンペーンのお知らせ”を載せておりますので、

ぜひ最後まで目をお通しいただき、気になる方は弊所までお問い合わせください!

TEL:06-6208-6230(代表)
http://cpa-tax.jp
弊所相続専門HP: http://souzoku.cpa-tax.jp


さて、「小規模宅地等」といっても、実際、どのような土地を指すのでしょうか?

宅地というからには、土地の上に住宅が建っていたりするのかな~という想像はつきますよね。

その通り、小規模宅地等とは、


「個人が、相続又は遺贈により取得した財産のうち、その相続の開始の直前において被相続人等の事業の用に供されていた宅地等」

又は

「被相続人等の居住の用に供されていた宅地等のうち、一定の選択をしたもので限度面積までの部分」

を指しています。

また、宅地とは、「土地又は土地の上に存する権利で、建物又は構築物の敷地の用に供されているもの」を指します。


小規模宅地として認められた宅地等については、相続税の課税価格に算入すべき価額の計算上、一定の割合を減額することができるのです。

これは「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」(=小規模宅地特例、とも略されます)と言われています。

減額幅は相続開始の直前における、宅地の使われ方によって違っています。

具体的には、

・被相続人が居住していた宅地である場合→「特定居住用宅地等」の要件を満たせば、80%の評価減

・被相続人の事業の用に供していた宅地である場合

(1)貸付事業用の宅地であれば、

   ア)一定の法人に貸し付けられ、その法人の事業(貸付事業を除く)用の宅地等であるなら、
     ・「特定同族会社事業用宅地等」に該当する宅地等→80%の評価減
     ・「貸付事業用宅地等」に該当する宅地等→50%の評価減

   イ)一定の法人に貸し付けられ、その法人の貸付事業用の宅地等であるなら、

      「貸付事業用宅地等」に該当する宅地等→50%の評価減

   ウ)被相続人等の貸付事業用の宅地等であるなら、

      「貸付事業用宅地等」に該当する宅地等→50%の評価減

(2)貸付事業以外の事業用の宅地等であれば、

   「特定事業用宅地等」の要件を満たせば、80%の評価減

となります。

ここで気になるのが、それぞれに該当する要件として挙げられている「XXX宅地等」の内容ですよね。

皆様のなかで最も気になるのが、やはりご自宅などが該当される「特定居住用宅地等」の要件ではないでしょうか?

特定居住用宅地等については細かく要件が定められており、

小規模宅地等を「誰が取得するか?」によって、要件が違ってきます。

要件で引っかかるのが、被相続人と「同居」していたか否か?ではないでしょうか。

同居が実際にどういう状態を指すのか? 気になるところでしょう。

この場合の同居とは、「相続開始の時から相続税の申告期限まで、引き続きその家屋に居住し、

かつ、その宅地等を有している人」を指しています。

ですので、例えば同じ敷地内に「離れ」のような家屋があり、被相続人は離れに、

取得者は母屋に住んでいた場合、それは同居とはみなされません。

それでは、いわゆる”二世帯住宅”はどうなのでしょうか?

こちらも要件が細かく定められていますが、平成25年度税制改正で、平成26年1月1日以後の相続等から

二世帯住宅における小規模宅地等の特例の“同居要件”が緩和されることになりました。

住宅内部で行き来ができない一棟の二世帯住宅でも、被相続人と親族は“同居”しているものとして

被相続人の居住部分だけでなく、親族の居住部分も特定居住用宅地等として特例の対象となります。

今までは、「構造上の区分がある建物は内部でつながっていなければ,原則として特例の適用がない」とされていたので、

これは大きな改正ですね。

その他にも、小規模宅地特例の要件については細かく規定されておりますので、

詳しくは国税庁の下記HPを御覧下さい。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4124.htm

中川会計では、只今、相続に関するキャンペーンを実施しております!

弊所にて「相続税の簡易試算申込み」をされ、ご来所いただき、ヒアリングさせていただいた方を対象に

先着30名様限定で、弊所所長の著書「知らないと損をする相続税のイロハ」を進呈させていただきます!



相続税が税制改正によりひょっとしたら発生してしまうかも・・・そのような心配がおありの方、

ぜひ一度お問合せ下さい。

弊所スタッフが詳しくヒアリングの上、簡易シミュレーションさせていただきます!

電話 : 06-6208-6230(代表)
 FAX : 06-6208-6235
E-mail: info@n-cpa.net




弊所HP: http://cpa-tax.jp


弊所の相続専門サイト「相続解決相談所」も、ぜひご覧ください!

※シミュレーションはあくまで簡易試算となります。
相続税の税額を確定させるものではございませんので、その旨予めご了承ください。

この記事を書いたプロ

税理士法人AIO(アイオー) [ホームページ]

公認会計士 中川博史

大阪府大阪市中央区高麗橋4丁目5-2 高麗橋ウエストビル2F [地図]
TEL:06-6208-6230

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お客様の声

●貴社のご紹介をお願いします。「1社1キャラ!キャラで会社をアツくする!」をテーマに、社内の活性化・理念の共有・スタッフのモチベーションをあげてサービスを向上...

スタッフ紹介
中川会計 所内集合写真

宜しくお願いいたします。 西内 友香(ニシウチ ユカ) 相島 宏輝(アイシマ ヒロキ) 林 健章(リン ケンショウ)

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中川 博史(なかがわ ひろふみ)さん

個人の税務相談から中小企業の会計支援まで丁寧に対応(1/3)

 2015年から施行される税制改正では相続税について「再分配機能の回復、格差固定化の防止、若年世代への早期資産移転」を目指すとされています。税理士法人AIOの中川博史所長は「今まで課税対象にならなかった人でも資産の内容によって相当の納税義務...

中川博史プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

お客様それぞれのニーズに対応した的確なアドバイス

事務所名 : 税理士法人AIO(アイオー)
住所 : 大阪府大阪市中央区高麗橋4丁目5-2 高麗橋ウエストビル2F [地図]
TEL : 06-6208-6230

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6208-6230

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中川博史(なかがわひろふみ)

税理士法人AIO(アイオー)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

決算前にすべてをお任せしています

中川先生は大学の先輩であることと担当STAFF様が本当に優秀と...

YS
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
確定申告しないとどうなるの?
イメージ

早いものでもう1月が終わろうとしております。ここからの注目イベントはズバリ!「確定申告」でしょう。確定申告...

[ 所得税関係 ]

新春セミナーのご案内
イメージ

いつもお世話になっております。年末が押し迫り、最後の追い込み、あいさつ回りなどおいそがしいことと思いま...

[ 相続税関係 ]

やっぱり気になる配偶者控除
イメージ

いよいよ12月になりました。紅葉が見ごろを迎えてます。皆様はどこかにお出かけされましたか?さて、今回...

[ 社会保険・労務 ]

今年も年末調整の時期が近づいてまいりました
イメージ

早いもので、もう11月中旬ですね。 朝晩の冷え込みが日に日に厳しくなってゆくこの頃ではありますが、 会社...

[ 所得税関係 ]

産経新聞に掲載しました
イメージ

今年も残すところあと2カ月になりました。事業主様は年末調整・賞与の準備に入るころでしょうか。さて、来年...

[ お知らせ  ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ