コラム一覧

1件~15件(28件)

過去の15件

創業時の融資 -経営革新等支援機関を利用する場合ー

日本政策金融公庫に「中小企業経営力強化資金」という融資制度が創設されています。この融資を受けるには、国から認定された「経営革新等支援機関」が事業主とともに、事業計画を作成し、その後はその会社または、個人事業を継続的にみていくことが条件になっています。これまでの融資に比べ、こ... 続きを読む

起業、開業、会社設立

2013-11-11

起業家のための簡単な決算書の読み方(5) -損益計算書-

損益計算書は1年間会社が営業活動をして、会社がいくら儲かったのかを表す書類です。つまり、会社が1年間にどれだけ売上を上げて、どれだけ仕入れて、経費がどれくらいかかったのを表す一覧表です。 売上や受取利息、雑収入などを「収益」、仕入や給与などの様々な経費を「費用」といいます。会... 続きを読む

起業、開業、会社設立

2013-05-27

残価設定型クレジット、残価設定型リースの取り扱い

Q 車の購入に当たり、残価設定型クレジットもしくは、残価設定型リースを考えています。それぞれの税務上の取り扱い、経理処理の方法を教えてください。A 結論から述べますと、この残価設定型、ローンでもリースでも特別な処理は必要ありません。それぞれについて、なぜそうなるのかを以下に説... 続きを読む

税金、節税

2012-12-06

起業家のための簡単な決算書の読み方(4) -貸借対照表④-

今回は、貸借対照表の「純資産の部」について、少し詳しく見ていきます。ここまでの説明の中で、何度か「純資産の部」=「自己資金」と説明してきました。では、「自己資金」とは、一体何なのでしょうか。「自己資金」には大きく2つの意味合いがあります。1つめの意味は、会社を設立するときに株主... 続きを読む

起業、開業、会社設立

2012-11-22

起業家のための簡単な決算書の読み方(3) -貸借対照表③-

会社を設立した場合に、自己資金300万円と借入金700万円を用意して、現金1,000万円を保有しているとすると、資産は現金1,000万円、負債は借入金700万円、純資産は自己資金300万円ということになります。資産は調達したお金をどのような形で保有しているのかを表し、負債と純資産はどのようにお金を... 続きを読む

起業、開業、会社設立

2012-11-17

起業家のための簡単な決算書の読み方(2) -貸借対照表②-

今回は、貸借対照表の中の資産の部について、詳しく見ていきます。まず、資産の部は大きく、「流動資産」「固定資産」「繰延資産」の3区分に分かれます。この区分は、少し乱暴な言い方をすると、資産を「お金に換えやすいものか、お金に換えにくいものか、お金に換えられないものか」で大きく区分し... 続きを読む

起業、開業、会社設立

2012-11-03

起業家のための簡単な決算書の読み方(1) -貸借対照表-

貸借対照表は大きく分けると、資産の部・負債の部・純資産の部 の3つから構成されています。資産は会社が保有している財産、負債は借入などいずれ他者に支払わなければならない支払義務、純資産は自己資金のことと考えてください。会社を設立した場合に、自己資金300万円と借入金700万円を用意し... 続きを読む

起業、開業、会社設立

2012-10-27

税務調査

先日、久しぶりに顧問先の税務調査があったのですが、今回は契約書に印紙を貼っていなかったこと以外には、指摘事項はありませんでした。何か指摘があった場合には、税務署との交渉や修正申告書の作成をしなければならないのですが、それも必要ないので、今回の税務調査は、ほぼ終了したというわけ... 続きを読む

税金、節税

2012-10-25

物品の無償提供について

Q スーパーを経営する当社では会社の広告宣伝の一環として、会社のロゴ入りカレンダーを1部 1,000円で2,000部作成し、店頭で一般消費者に無料配布しました。このカレンダー製作にかかった費用200万円を交際費として処理しましたが、これで問題はないでしょうか。A 無償で物品を提供する場合でも... 続きを読む

税金、節税

2012-10-06

物品の無償提供について

Q スーパーを経営する当社では会社の広告宣伝の一環として、会社のロゴ入りカレンダーを1部 1,000円で2,000部作成し、店頭で一般消費者に無料配布しました。このカレンダー製作にかかった費用200万円を交際費として処理しましたが、これで問題はないでしょうか。A 無償で物品を提供する場合でも... 続きを読む

税金、節税

2012-10-06

中古資産の耐用年数を算定するには

Q 当社は、当期に営業車として、8年落ちの中古自動車と2年落ちの中古自動車を購入して使用しています。この場合の中古自動車の耐用年数は法定耐用年数(6年)を適用しなければならないのでしょうか。それとも、何か他の算定方法があるのでしょうか。A 中古資産を取得して、事業に使用したときは... 続きを読む

税金、節税

2012-10-04

期末に未払賞与を計上する場合

Q 3月決算の当社では、当期の業績が好調であったので、従業員に対して決算賞与を支給することにしました。期末に未払計上した金額は税務上、経費として処理することができるのでしょうか。A 期末(3月決算であれば、3月31日)までに各従業員ごとに賞与の支給金額を決定してその金額を通知し、事... 続きを読む

税金、節税

2012-10-01

海外旅行(接待)の税務

 海外旅行の税務上の取り扱いを判断するためには、まずはその旅行の目的が何であるのかが問題となります。例えば、貿易会社の社員などが海外へ渡航するのであれば、航空券代や宿泊費などは旅費交通費などの費用として取り扱うこととなります。ここでは、通常の業務としての海外渡航ではなく、海外... 続きを読む

税金、節税

2012-09-24

役員報酬のシュミレーション

このマイベストプロのページにはアクセス解析が組み込まれていて、どのようなキーワードで検索して私のコラムに辿り着いているのかが分かります。そのキーワードをみていると、なかには面白いものがあります。私は検索キーワードをひとつのニーズと捉えています。全てに答えることはできませんが、... 続きを読む

税金、節税

2012-09-15

起業家の資金繰り ⑥  - まとめ -

(1)資金調達の方法起業時の資金調達の方法は主に次の3つがあります。①自己資金②投資してもらう③お金を借りるただし、起業したばかりの企業は自己資金と借入により資金調達しているケースが大半です。(2)創業融資の内容創業時の借入れ先としては、日本政策金融公庫と各都道府県の信... 続きを読む

起業、開業、会社設立

2012-09-06

1件~15件(28件)

過去の15件

RSS
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
加茂川 健司(かもがわ けんじ)さん

経営者の判断を助ける会計を提案します(1/3)

 兵庫県川西市の加茂川税理士事務所プラスは、管理会計とエクセルツール(表計算ソフト)で中小企業経営者をサポートしています。管理会計とは、税務署や銀行に提出するためではなく、経営者が自社の経営に必要な情報を得るための会計のことです。 「管理...

加茂川健司プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

事務所名 : かもがわ税理士事務所プラス
住所 : 兵庫県川西市栄根2-22-5 トサキビル202 [地図]
TEL : 072-741-9416

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-741-9416

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加茂川健司(かもがわけんじ)

かもがわ税理士事務所プラス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

foro08 フォロゼロット (川西市)

川西市で美容院を運営しています。加茂川税理士事務所でお世...

橋本 壮市
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
創業時の融資 -経営革新等支援機関を利用する場合ー

日本政策金融公庫に「中小企業経営力強化資金」という融資制度が創設されています。この融資を受けるには、国から...

[ 起業、開業、会社設立 ]

税理士報酬への想い

私の税理士事務所では、税理士報酬の料金表をホームページ上に載せています。税理士にとって料金表をホームページ...

[ 起業、開業、会社設立 ]

売上の減少を食い止めろ

 先日、当事務所のお客様から、「前年の後半より、売り上げが急激に落ちているのだが、原因を確認するよい方法は...

[ 管理会計 ]

起業家の資金繰り ① -創業時の資金調達-

経営者にとって、ヒト・モノ・カネの経営資源はいずれも大切ですが、カネ、つまり資金がなくなれば、その時点で事...

[ 起業、開業、会社設立 ]

自社の強みと財務指標-〇〇当たり利益

 酒屋を営むお客様と話していたときのことですが、「取引先を紹介していただいたのだが、効率が良くないので断っ...

[ 管理会計 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ