コラム

 公開日: 2012-09-15 

役員報酬のシュミレーション

このマイベストプロのページにはアクセス解析が組み込まれていて、どのようなキーワードで検索して私のコラムに辿り着いているのかが分かります。そのキーワードをみていると、なかには面白いものがあります。私は検索キーワードをひとつのニーズと捉えています。全てに答えることはできませんが、時々これに答えていきたいと思います。そして、今回はその試みの一回目ということになります。

今回私が面白いと思った検索キーワードは、「月利益80万円役員報酬額は?」というものです。おそらくこの検索をされた方は、現時点での役員報酬がいくらなのかが不明ですが、1ヶ月当たりの税引前利益が80万円のときに役員報酬をいくらにすれば最も節税になるのかを知りたいのでしょう。ここでは、現時点での役員報酬月額が20万円、1ヶ月当たりの税引き前利益が80万円と仮定して話を進めていきます。また、1ヶ月当たりの税引前利益80万円は年間にすると960万円ということになりますが、ざっくり1,000万円ということにします。また、会社規模は資本金1,000万円以下、従業員は50人以下で社長は40歳未満ということにします。

会社は、税引前利益1,000万円のとき、法人税(地方税、事業税を含む)はおよそ314万円、これに役員報酬20万円×12ヶ月分の会社負担の社会保険料がおよそ32万円で合計346万円となります。

社長個人は役員報酬20万円で年収240万円のとき、扶養家族1人社会保険料以外の所得控除はなしと仮定した場合、所得税と住民税がおよそ7万円、これに社会保険料の個人負担分がおよそ32万円で合計39万円となります。

すると、役員報酬が月額20万円(年間240万円)で会社の税引前利益が1,000万円のときに、会社と社長個人の税金および社会保険料の合計額は385万円になります。そして、これが比較対象となります。

次に、役員報酬を月額30万円に変更した場合にはどうなるのでしょうか。役員報酬額の変更は通常、期首から2ヶ月を経過してからになります。(詳しくはコラム「役員報酬の増額と減額について」を参照してください)したがって、役員報酬を月額30万円に変更した場合の年間金額は20万円×2ヶ月+30万円×10ヶ月で340万円となります。

この変更によって、会社の税引前利益は役員報酬の差額100万円を引いた900万円ではなく、役員報酬の増加に伴う会社負担の社会保険料分もマイナスして、およそ886万円となります。このとき法人税(地方税、事業税を含む)はおよそ263万円、これに役員報酬340万円の会社負担の社会保険料がおよそ45万円で合計308万円となります。

社長個人のほうは、役員報酬が増加して年収340万円のとき、所得税と住民税がおよそ16万円、これに社会保険料の個人負担分がおよそ45万円で合計61万円となります。すると、役員報酬を月額30万円に変更した場合に、会社と社長個人の税金及び社会保険料の合計額はおよそ385万円から369万円になります。

ちなみに、役員報酬を40万円に変更した場合の会社と社長個人の税金及び社会保険料の合計額はおよそ360万円、役員報酬を50万円に変更した場合にはおよそ366万円になります。

もし、手計算でこのシュミレーションをする場合には、法人税、所得税の基礎知識と、これに加えて社会保険料を忘れずに考慮に入れることが必要です。また、役員報酬の変更は通常、期首から2ヶ月を経過する日までには行っていなければなりません。それ以降に変更することは通常はできませんので、できる限り正確に業績を予測することが節税のポイントになります。

尚、このシュミレーションの計算方法につきましては、関連する全ての税金の税率と社会保険料率を加味しなければならないなど相当に複雑ですから、ここに記載しきることができません。あしからずご了承ください。加茂川税理士事務所プラスでは自社制作アプリによる、このような役員報酬の変更シュミレーションも行っています。

この記事を書いたプロ

かもがわ税理士事務所プラス [ホームページ]

税理士 加茂川健司

兵庫県川西市栄根2-22-5 トサキビル202 [地図]
TEL:072-741-9416

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
加茂川 健司(かもがわ けんじ)さん

経営者の判断を助ける会計を提案します(1/3)

 兵庫県川西市の加茂川税理士事務所プラスは、管理会計とエクセルツール(表計算ソフト)で中小企業経営者をサポートしています。管理会計とは、税務署や銀行に提出するためではなく、経営者が自社の経営に必要な情報を得るための会計のことです。 「管理...

加茂川健司プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

事務所名 : かもがわ税理士事務所プラス
住所 : 兵庫県川西市栄根2-22-5 トサキビル202 [地図]
TEL : 072-741-9416

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-741-9416

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加茂川健司(かもがわけんじ)

かもがわ税理士事務所プラス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

P・O・B危機管理株式会社(神戸市)

当社は、経理・会計に精通した社員がおらず、事務員に日常的...

経理・広報担当
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
創業時の融資 -経営革新等支援機関を利用する場合ー

日本政策金融公庫に「中小企業経営力強化資金」という融資制度が創設されています。この融資を受けるには、国から...

[ 起業、開業、会社設立 ]

税理士報酬への想い

私の税理士事務所では、税理士報酬の料金表をホームページ上に載せています。税理士にとって料金表をホームページ...

[ 起業、開業、会社設立 ]

売上の減少を食い止めろ

 先日、当事務所のお客様から、「前年の後半より、売り上げが急激に落ちているのだが、原因を確認するよい方法は...

[ 管理会計 ]

起業家の資金繰り ① -創業時の資金調達-

経営者にとって、ヒト・モノ・カネの経営資源はいずれも大切ですが、カネ、つまり資金がなくなれば、その時点で事...

[ 起業、開業、会社設立 ]

自社の強みと財務指標-〇〇当たり利益

 酒屋を営むお客様と話していたときのことですが、「取引先を紹介していただいたのだが、効率が良くないので断っ...

[ 管理会計 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ